ページの先頭です
メニューの終端です。

第十一回「三好達治賞」受賞者が決定しました~贈呈式に100名を無料ご招待します~

[2016年2月19日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪市は、第十一回「三好達治賞」の作品を公募し(平成27年8月31日報道発表参照)、全国から寄せられた作品147点を対象に選考委員会を開催し、受賞者を決定しました。

 なお、平成28年3月25日(金曜日)13時30分より大阪市中央公会堂において贈呈式を開催し、100名を無料でご招待します。

第十一回「三好達治賞」受賞者

【受賞者】 谷川 俊太郎(たにかわ しゅんたろう)氏 東京都杉並区在住・84歳

(略歴)

1931年 東京都生まれ

1952年 第一詩集「二十億光年の孤独」を刊行

1964年 映画「東京オリンピック」脚本に参加

1965年 絵本テキストを書き始める

1967年 初の訳書『あしながおじさん』刊行

受賞・著書多数。

詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。 

 

(代表作)

「二十億光年の孤独」  (1952年/東京創元社)

「ことばあそびうた」  (1973年/福音館書店)

「世間知ラズ」     (1993年/思潮社)

「祝魂歌」       (2003年編著/ミッドナイト・プレス)

訳書「マザーグースの歌」(1975年/草思社)

 

(受賞歴)

1962年 第四回日本レコード大賞作詞賞(月火水木金土日のうた)

1975年 日本翻訳文化賞       (マザーグースのうた/草思社)

1982年 第34回読売文学賞       (日々の地図/集英社)

1993年 第1回萩原朔太郎賞      (世間知ラズ/思潮社)

2010年 第1回鮎川信夫賞       (トロムソコラージュ/思潮社)
谷川俊太郎氏

撮影者:深堀瑞穂

【受賞作品】

 『詩に就いて』/思潮社

  受賞詩集の一部が文藝春秋社「文學界」5月号に掲載されます。

  (過去の受賞作品一覧)

                                                                                                                                     

【受賞の言葉】

 三好さんは六〇余年前、私の書いたものを初めて世に出して下さったかたです。その名を冠した賞をこの年になっていただくことになって、言葉に尽くせない感慨に襲われています。最初の詩集に序詩を贈って下さった三好さんは、私の次の詩集には苦言を呈されました。美しい母語の守り手であった三好さんの眼を、私は忘れたことはありません。


第十一回「三好達治賞」選考委員会

【日時】 平成28年2月6日(土曜日)14時から

【場所】 大阪市役所 屋上P1会議室

【選考委員】 中村 稔(委員長)、新川 和江、池井 昌樹、以倉 紘平

【選考結果】

 受賞者:谷川 俊太郎氏

 受賞作品:『詩に就いて』/思潮社

 

【選考理由】

 今年の三好達治賞はわが国現代詩の第一人者として知られる谷川俊太郎さんの詩集『詩に就いて』に差し上げることとなった。

 この詩集は、1952年『二十億光年の孤独』で衝撃的に詩壇に登場した詩人が、その六十余年の詩作にもとづき、詩とは何かを考え、詩のひそむ場所、詩が生れる契機、詩に隠された秘密など、詩の本質を、鋭敏な感覚と個性的な表現で、解き明かした卓越な詩集であることを選考委員が一致して認め、高く評価したものである。

 三好達治ともゆかりふかい谷川さんに賞を差し上げることは選考委員全員の喜びである。

 

【最終候補詩集(詩集名/著者/出版社・発行所)】著者50音順・敬称略

 樹下/安藤 元雄/書肆山田

 朝起きてぼくは/金井 雄二/思潮社

 詩に就いて/谷川 俊太郎/思潮社

 初めの頃であれば/花潜 幸/土曜美術社出版販売

 川・海・魚等に関する個人的な省察/八木 幹夫/砂子屋書房

※ なお、平成27年9月1日から12月1日の間で行った作品募集には、全国から147点が寄せられました。

第十一回「三好達治賞」贈呈式

日時

平成28年3月25日(金曜日) 13時30分から

場所

大阪市中央公会堂 3階 中集会室 (大阪市北区中之島1丁目1番27号

内容

12時30分 受付

13時30分 贈呈式開会/選考経過報告、三好達治賞贈呈、受賞者挨拶

14時05分 休憩

14時20分 合唱:大阪府立市岡高等学校吹奏楽部

14時30分 対談:谷川俊太郎氏と山田兼士氏(詩人・大阪芸術大学教授)による対談

15時30分 閉会

※内容・時間は都合により変更する場合があります。

料金

無料

募集人数

100名(先着)

参加申込方法

往復はがきに氏名、住所、電話番号、参加人数をご記入の上、申込先まで送付してください。

※必ず返信面にお名前、ご住所をご記入ください。

申込締切

平成28年3月9日(水曜日)必着

参加申込・問合せ先

三好達治賞実行委員会事務局

〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86

大阪市中央卸売市場本場業務管理棟8階

大阪市経済戦略局文化部文化課内

電話:06-6469-5173(平日9時から17時30分)

ファックス:06-6469-3897

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市経済戦略局文化部文化課文化担当

住所: 〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場本場業務管理棟8階

電話: 06-6469-5173 ファックス: 06-6469-3897

メール送信フォーム


第十一回「三好達治賞」受賞者が決定しました~贈呈式に100名を無料ご招待します~への別ルート

[ページの先頭へ戻る]