ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪城天守閣『テーマ展 神君家康―「東照宮縁起絵巻」でたどる生涯―』を開催します!

[2016年3月1日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪城天守閣『テーマ展 神君家康―「東照宮縁起絵巻」でたどる生涯―』を開催します!

 大阪城天守閣では、平成28319日(土曜日)から515日(日曜日)まで、天守閣内34階展示室において『テーマ展 神君家康―「東照宮縁起絵巻」でたどる生涯―』を開催します。

 関ヶ原合戦の前後に大坂城西ノ丸を拠点とするなど、大坂城の歴史とも関わりの深い徳川家康。彼は大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼした翌年、元和2年(1616年417日に75歳で世を去りました。死後、遺言によって神にまつられ、朝廷から「東照大権現(とうしょうだいごんげん)」の神号を授与されました。江戸時代の人々は敬意をこめて、家康のことを「神君(しんくん)」と尊称します。

 今年はその死から、ちょうど400年。本展では紀州徳川家伝来の「東照宮縁起絵巻(とうしょうぐうえんぎえまき)」(家康の伝記絵巻)と関連資料により、忍苦と栄光の家康の生涯をたどります。

開催概要

1.名称

 テーマ展 神君家康―「東照宮縁起絵巻」でたどる生涯―

2.会期

 平成28年3月19日(土曜日)から5月15日(日曜日)まで ※58日間

3.時間

 9時から17時まで

 【桜のシーズン開館延長】

 平成28326日(土曜日)から410日(日曜日)、9時から19時まで〈2時間延長〉

 【ゴールデンウィーク開館延長】

 平成28429日(金曜日・祝日)から58日(日曜日)まで、9時から18時まで〈1時間延長〉

 ※いずれも入館は閉館の30分前まで

4.主催

 大阪城天守閣

5.共催

 NHK大阪放送局

6.協力

 大河ドラマ「真田丸」大阪推進協議会

7.会場

8.入館料

 大人600円、中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等をお持ちの方は無料(大阪城天守閣の平常入館料)

9.出陳予定点数

 46点(別紙出陳予定品目録のとおり)

主要展示品

家康臨終の場面

「家康臨終の場面」
【東照宮縁起絵巻 第三巻より】

主要展示品解説

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

出陳予定品目録

出陳予定品目録

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

問合せ先

大阪城天守閣

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

[ページの先頭へ戻る]