ページの先頭です

大阪市立東洋陶磁美術館 国際巡回企画展「イセコレクション-世界を魅了した中国陶磁」を開催【平成29年9月23日(土曜日・祝日)~12月3日(日曜日)】

2017年4月5日

ページ番号:396232

 大阪市立東洋陶磁美術館では、平成29年9月23日(土曜日・祝日)から12月3日(日曜日)まで、国際巡回企画展「イセコレクション-世界を魅了した中国陶磁」を開催します。
 世界でもっとも注目される美術品コレクターの一人である伊勢彦信氏のコレクションは、これまではその一部が公開されていましたが、今回はそのコレクションの真髄といえる中国陶磁の数々を紹介する国際巡回企画展を、パリの国立ギメ東洋美術館と大阪市立東洋陶磁美術館の2館で開催します。
 イセコレクションは、古来より中国美術を「唐物」として珍重し、茶の湯の中で「用の美」として独自の美意識を培ってきた日本の伝統的な感性と、陶磁器を美術品として観賞する現代的な感性の両方を併せ持っています。また、中国文化への深い理解に基づいた中国陶磁のコレクションはまさに光彩を放つものといえます。これらの感性によって収集された戦国時代から清時代までの中国陶磁を、重要文化財2点を含めた約70点紹介します。

開催概要

1 名称

国際巡回企画展「イセコレクション-世界を魅了した中国陶磁」

2 会期

平成29年9月23日(土曜日・祝日)から12月3日(日曜日)まで

3 会場

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市北区中之島1-1-26(大阪市中央公会堂東側)

  • 京阪中之島線「なにわ橋」駅下車すぐ
  • 地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」、地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜」各駅から約400メートル

4 休館日

月曜日(10月9日は開館)、10月10日(火曜日)

5 開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

6 観覧料

一般900円(20名以上の団体料金は700円)、高校生・大学生550円(20名以上の団体料金は450円)

中学生以下、身体障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料

7 展示点数

約70点

8 主催

大阪市立東洋陶磁美術館、朝日新聞大阪本社

9 協力

イセ文化財団

10 同時開催

  • 平常展 安宅コレクション中国陶磁・韓国陶磁、日本陶磁、沖正一郎コレクション鼻煙壺
  • 特集展 李秉昌コレクション韓国陶磁

11 問合せ

大阪市立東洋陶磁美術館

電話:06-6223-0055 ファックス:06-6223-0057 ホームページ:http://www.moco.or.jp別ウィンドウで開く

主な作品

黒釉刻花牡丹唐草文梅瓶(こくゆうこっかぼたんからくさもんめいぴん)

黒釉刻花牡丹唐草文梅瓶(こくゆうこっかぼたんからくさもんめいぴん)
磁州窯 北宋時代・11~12世紀
高:30.9センチメートル 径:20.2センチメートル
 
 全面に黒釉を掛け、文様の周りを削り落とした掻落の技法によって、胴部に牡丹唐草を表し、削り落とした地の部分に白泥を塗り込めた丁寧な作品です。河北省磁県寛観台鎮を中心とした磁州窯では、北宋時代にこのような黒と白のコントラストが美しい作品が作られ、磁州窯の特色の一つとなっています。

重要文化財 五彩金襴手瓢形瓶(ごさいきんらんでひょうけいへい)

重要文化財 五彩金襴手瓢形瓶(ごさいきんらんでひょうけいへい)
景徳鎮窯 明時代・16世紀
高:55.0センチメートル 径:25.0センチメートル

 明時代の嘉靖年間(1522年~1566年)に、景徳鎮の民窯で色絵磁器の上に金彩を施す金襴手が盛んに作られ、日本の茶人に好まれました。そのため、日本には金襴手の優品が多く残されていますが、本作品はその中でも瓢形瓶としては最大級のものです。窓絵が上部に3つ、下部に4つ配され、下部の円窓内には雌雄の鹿、鶴、孔雀、雉が描かれ華麗かつ精緻な作品となっています。

重要美術品 五彩唐草文有蓋壺(ごさいからくさもんゆうがいこ)

重要美術品 五彩唐草文有蓋壺(ごさいからくさもんゆうがいこ)
景徳鎮窯 明時代・1623年
高:19.6センチメートル 径:20.7センチメートル

 青花の上に赤、緑、黄などで上絵付する五彩は、嘉靖万暦年間に多く作られた技法です。本作品は高台内に「天啓参年唐氏製造」の青花銘があり、万暦(1573年~1620年)に続く天啓年間(1621年~1627年)の1623年に景徳鎮の民窯で作られたものであることが分かります。胴部中央に配された六つの花は青花と赤に彩られ、また青花で描かれた唐草には緑、赤などが施されており、たっぷりと張った胴部を持つ華麗な作品です。

問合せ

本展示にかかる問合せはこちらまで

 大阪市立東洋陶磁美術館

  電話:06-6223-0055 ファックス:06-6223-0057 ホームページ:http://www.moco.or.jp/別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページへの別ルート

表示