ページの先頭です

大阪歴史博物館 特別企画展「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」を開催【平成29年9月30日(土曜日)~11月26日(日曜日)】

2017年7月3日

ページ番号:404782

 大阪歴史博物館では、平成29年9月30日(土曜日)から11月26日(日曜日)まで、6階特別展示室において、特別企画展「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」を開催します。
 大阪にゆかりの深い文化財は、世界的にみても魅力的で歴史的に意義深いものが少なくありません。その中から文楽、朝鮮通信使という二つの文化遺産について、館蔵品を通じて紹介します。
 人形浄瑠璃文楽は、大阪で育まれ、大阪の人々が支えてきた伝統芸能で、太夫(たゆう)・三味線・人形が一体となる総合芸術といわれており、平成20年(2008年)にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。今回は、近年寄贈を受けた人形鬘(かづら)見本や文楽の興行ポスターを通じて、舞台を支える活動や昭和の文楽史の一端を紹介します。
 朝鮮通信使は、「朝鮮通信使に関する記録」として次のユネスコ記憶遺産登録に向け現在申請中です(在日本209点、在韓国124点の合計333点)。江戸時代に朝鮮から日本を12回訪れ、両国の善隣友好のシンボルといえる朝鮮通信使は大阪にも多くの足跡を残しました。今回は当館所蔵の登録候補11点を含む朝鮮通信使資料の優品を紹介します。

開催概要

1 名称

特別企画展「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」

2 開催期間

平成29年9月30日(土曜日)から11月26日(日曜日)まで 

※火曜日休館

3 開館時間

午前9時30分から午後5時まで

※入館は閉館の30分前まで

4 会場

大阪歴史博物館6階 特別展示室

大阪市中央区大手前4-1-32

(最寄駅)地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅2号・9号出口

      大阪市営バス「馬場町」バス停前

電話:06-6946-5728 ファックス:06-6946-2662 ホームページ:http://www.mus-his.city.osaka.jp/

5 観覧料

常設展示観覧料でご覧になれます。

大人600円(20名以上の団体割引料金は、540円)、高校生・大学生400円(20名以上の団体割引料金は、360円)

※中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

6 展示資料数

文楽:約100点

朝鮮通信使:約25点

7 主催

大阪歴史博物館

8 共催

駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院(朝鮮通信使)

主な展示資料

文楽

1 文楽人形鬘見本 立兵庫 名越昭司製作 大阪歴史博物館蔵(名越惠美子氏寄贈)

 文楽人形鬘師・床山として活躍され、平成14年(2002年)に国の選定保存技術保持者となった名越昭司氏(1931年~2016年)が製作し、文楽の鬘見本として残した飾り鬘。遊女の中でも最高の格式をもつ太夫(たゆう)の髪型で、文楽人形かしらの「傾城(けいせい)」に用いられる髷(まげ)である。文楽のなかでも際立って豪華な鬘となっている。
文楽人形鬘見本 立兵庫

2 人形浄瑠璃ポスター 四ツ橋文楽座 昭和16年(1941年)6月 大阪歴史博物館蔵(中村知也氏寄贈)

 昭和初期の四ツ橋文楽座の文楽興行のポスター。イラストは「碁太平記白石噺(ごたいへいきしらいしばなし)」新吉原揚屋の段の一場面で、文楽人形の研究者で画家の斎藤清二郎が描いている。四ツ橋文楽座は昭和5年(1930年)に開場した洋風建築の劇場で、上演時間を午後3時から午後10時までにするなど、時代に応じた新たな興行形態を採用していた。
人形浄瑠璃ポスター 四ツ橋文楽座

朝鮮通信使

1 朝鮮通信使小童図 江戸時代 1幅 大阪歴史博物館蔵(辛基秀氏寄贈)

朝鮮通信使小童図

 馬に乗る通信使一行の小童に日本人が近づいて紙を掲げ、文字を書いてもらっている様子が描かれている。接触が認められていなかった通信使一行と日本の一般人のスリリングな行動の瞬間を卓越した描写で表現している。風俗画家として著名な英一蝶(はなぶさいっちょう)(1652年~1724年)が正徳元年(1711年)に来日した通信使を題材に描いた作品とみられる。ユネスコ記憶遺産候補資料。

2 朝鮮通信使御楼船図屏風 江戸時代 6曲1隻 大阪歴史博物館蔵

 通信使の一行を乗せて淀川を行く高殿付きの御楼船(ごろうせん)を中央に置き、楽人を乗せた船や供船がその前後に配置されている。御楼船は葵紋の幕を使用していることから幕府が提供した船であることがわかるが、屋根の形状などから従事官船(じゅうじかんせん)の中土佐丸(ちゅうとさまる)と推測される。御楼船の豪華さには通信使一行も驚いた様子が彼らの日記に書き残されている。ユネスコ記憶遺産候補資料。
朝鮮通信使御楼船図屏風

展示解説

文楽

日時 平成29年10月14日(土曜日)、11月3日(金曜日・祝日)

    午後2時から30分程度

会場 大阪歴史博物館6階 特別展示室内

参加費 無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要です。)

参加方法 当日、直接会場へお越しください。

朝鮮通信使

日時 平成29年10月28日(土曜日)、11月23日(木曜日・祝日)

    午後2時から30分程度

会場 大阪歴史博物館6階 特別展示室内

参加費 無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要です。)

参加方法 当日、直接会場へお越しください。

問合せ

本展示にかかる問合せはこちらまで

 大阪歴史博物館

  電話:06-6946-5728 ファックス:06-6946-2662 ホームページ:http://www.mus-his.city.osaka.jp/

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページへの別ルート

表示