ページの先頭です

平成29年度「はじめましてオーケストラ センチュリーと奏でよう」を開催します

2017年9月5日

ページ番号:410482

 大阪市は、平成30年3月27日(火曜日)にオリックス劇場において「はじめましてオーケストラ センチュリーと奏でよう」を開催します。

 本事業は、清新な響き、多彩な表現力で国内外から数多くの称賛を受けている日本センチュリー交響楽団と、大阪市内各中学校吹奏楽部から選抜された中学生のみなさんが共演し、須川展也(すがわ のぶや)氏の指揮と水野潤子(みずの じゅんこ)氏の司会で、わかりやすい解説を交えながら親しみやすいオーケストラ作品を中心に演奏します。コンサートに先立ち、平成30年3月18日(日曜日)の13時から西成区民センターにおいて、日本センチュリー交響楽団と出演する中学生による合同練習会も行います。

 イベント当日は、日本センチュリー交響楽団による演奏や、ご来場された方の中から希望者を募って行う飛び入り指揮者体験コーナー、ホワイエでの楽器体験コーナーなど、クラシック愛好者だけでなく初めての方にも気軽に楽しんでいただけるような、多彩なプログラムでお届けします。

1.日時

平成30年3月27日(火曜日)18時開演(17時開場)

2.会場

オリックス劇場(大阪市西区新町1-14-15別ウィンドウで開く

大阪市営地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅2号出口より、徒歩5分

大阪市営地下鉄四つ橋線「本町」駅22・23号出口より、徒歩7分

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅(四ツ橋駅2号出口)より、徒歩6分

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋」駅2号出口より、徒歩5分

大阪市営地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅3号出口より、徒歩10分

3.対象

小学生以上 ※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。

4.入場料

800円

全席指定席

5.定員

約2,400名

6.チケット販売

平成29年12月1日(金曜日)から販売開始

7.内容

  • 指揮  須川 展也(すがわ のぶや)
  • 司会  水野 潤子(みずの じゅんこ)
  • 共演  大阪市内中学生のみなさん
  • 管弦楽  日本センチュリー交響楽団

 

  • プログラム

<日本センチュリー交響楽団の演奏>

L.バーンスタイン/「キャンディード」序曲

G.カッチーニ(朝川 朋之編)/アヴェ・マリア

J.イベール/室内小協奏曲

J.ブラームス/ハンガリー舞曲第5番(指揮者体験コーナー)

A. リード(中原 達彦編)/アルメニアン・ダンス パート1

 

<中学生と日本センチュリー交響楽団の共演>

J.フチーク/フローレンティナー・マーチ

L.アンダーソン/ブルータンゴ

J.シュトラウスⅡ/トリッチ・トラッチ・ポルカ

A.ハチャトゥリアン/バレエ音楽「仮面舞踏会」より“ワルツ”

A.ハチャトゥリアン/バレエ音楽「仮面舞踏会」より“ギャロップ”

G.ホルスト/組曲「惑星」より“木星”

 

※曲目・曲順は変更になる場合があります

 

8.取材申込および問合せ

平成30年3月18日(日曜日)及び平成30年3月27日(火曜日)の取材をご希望の場合は下記まで事前にお問合せください。

公益財団法人 日本センチュリー交響楽団 電話:06-6868‐3030

(平日10時から18時まで、平成29年12月28日(木曜日)から平成30年1月4日(木曜日)までは休業)

9.出演者プロフィール

  • 須川 展也 SUGAWA Nobuya 

 東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール管楽器部門、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。出光音楽賞、村松賞を受賞。02年NHK連続テレビ小説「さくら」のテーマを演奏。

 N響をはじめ日本のほとんどのオーケストラと共演、海外でもBBCフィル、フィルハーモニア管、ヴュルテンベルク・フィル、スロヴァキア・フィル、イーストマン・ウインド・アンサンブル、パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団等と多数共演を重ね、これまでに海外20ヶ国以上でリサイタルやマスタークラスを行っている。

 1989年から2010年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを22年余り務めた。96年浜松ゆかりの芸術家顕彰を表彰されるほか、09年より「浜松市やらまいか大使」に就任。 2016年度静岡県文化奨励賞受賞。

 2017年に結成30周年を迎えるサクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。

 現在、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、静岡市清水文化会館マリナート音楽アドヴァイザー&マリナート・ウインズ音楽監督、東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授を務めている。

須川 展也の写真
  • 水野 潤子 MIZUNO Junko

 京都市生まれ。神戸大学卒業後近畿放送(現京都放送)アナウンサーとして入社。

 その後フリーで、関西のラジオのワイド番組を中心にTVやラジオに出演。上岡龍太郎のなつメロ大全集、桂小米朝の土曜は音楽気分、古谷充の面白ジャズ辞典等々の音楽系ワイドを多く担当。コンサート、シンポジウム等の司会も数多く手がける。

 コンサートは大阪市のたそがれコンサートやOsakaShionWindOrchestraの吹奏楽公演をはじめ、日本センチュリー交響楽団などの管弦楽、邦楽、合唱に至るまで、あらゆるジャンルに出演。また、橘市郎プロデュース江藤ゆう子昭和を歌う6回シリーズやシリーズ短詩朗読の世界(時実新子・与謝野晶子・黛まどか)の朗読、音楽劇のナレーションなど、舞台にも多く出演している。

水野 潤子の写真
  • 日本センチュリー交響楽団 JAPAN CENTURY SYMPHONY ORCHESTRA

 日本センチュリー交響楽団は1989年に活動を開始し、首席指揮者に飯森範親、首席客演指揮者にアラン・ブリバエフ、アーティスト・イン・レジデンスに小山実稚恵を迎えて多彩な活動を行っている。ザ・シンフォニーホールでのシンフォニー定期演奏会、ハイドンの交響曲全曲演奏・録音プロジェクト「ハイドンマラソン」を展開中のいずみ定期演奏会、豊中市立文化芸術センターでの名曲シリーズに加え、「エンジョイ・センチュリーシリーズ」ではジャンルを超えた新たな形態のコンサートにも積極的に取り組む。

 オーケストラ体感コンサート「タッチ・ジ・オーケストラ」、ユースオーケストラの運営といった教育プログラム、「豊中まちなかクラシック」(豊中市)、「ルシオール街かどコンサート」(滋賀県守山市)等の地域連携事業にも力を入れている。

 「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人々の心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとしての発展をめざし活動している。

日本センチュリー交響楽団公式ホームページ http://www.century-orchestra.jp/別ウィンドウで開く

センチュリー交響楽団

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局文化部文化課文化担当

住所:〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場本場業務管理棟8階

電話:06-6469-5173

ファックス:06-6469-3897

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示