ページの先頭です

天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業予定者が決定しました

2017年11月9日

ページ番号:415172

 大阪市では、天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業の事業予定者選定にあたり、外部の有識者からなる「天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業予定者選定委員会」において審査を行い、本選定委員会の意見を踏まえ、次のとおり事業予定者を決定しましたので、お知らせします。

1.事業予定者

名称:近鉄不動産株式会社 代表取締役社長 善本 烈

所在地:大阪市天王寺区上本町6丁目5番13号

2.事業期間

事業協定書の締結日(平成29年12月予定)から平成47年9月30日を基本としたうえで、てんしばゲートエリアの運用開始日を始期として、最長20年間までの間で事業者が提案した日をもとにして本市と協議のうえ決定した日

3.事業対象区域及び事業内容

事業対象区域

【事業対象エリア】
(1)てんしばゲートエリア(公園エリア約0.5ヘクタール)
(2)動物園エリア
  動物園内一円(約11ヘクタール)
  新世界ゲートエリア(動物学習・休憩室内店舗) 

【事業内容】

(1)てんしばゲートエリア

  • 新たな施設の整備(広場等の一般園地、動物園グッズショッ プ、荷物預かり・乳母車貸出サービス、新たな魅力施設等)
  • イベント・プロモーション等の賑わい創出
  • 既存施設の解体及び土地造成
  • (2)動物園エリア

  • 動物園内一円での簡易売店、自動販売機、飼料販売サービス施設等の整備
  • 動物学習・休憩施設内での飲食・物販店舗の整備
  • (3)全エリア共通

  • 事業対象エリアにおける運営維持管理
  • 事業対象エリアにおける飲食・物販等サービスの営業企画
  • 4.事業予定者からの提案概要

    (1)てんしばゲートエリア

  • 事業コンセプト「育てよう!好奇心」
  • 来園者の知的好奇心を刺激する交流広場
  • 【主な提案施設】

    ガーデニングカフェ・レストラン
    アウトドアBBQサイト
    アスレチック施設
    ボルダリング・クライミング施設
    動物園グッズショップ、テイクアウト店舗
    ビブリオカフェ、イベント広場、INFOスポット

    (エリア内のイメージ)

    エリア内のイメージ

    (てんしばから西向き)

    てんしばから西向き

     
     

    (動物園側から東向き)

    動物園側から東向き

    (2)動物園エリア

  • 事業コンセプト「育もう!いきものへの愛」
  • 自然やいきものを感じるあたたかいデザイン
  • 【主な提案施設】

    新世界ゲートエリア
  • カフェテリア形式での飲食サービス
  • 動物園をもっと楽しむためのグッズショップ
  • 簡易売店
    • 動物園の雰囲気と調和したキッチンカー、コンテナ型売店
    飼料販売・荷物預かり・乳母車貸出サービス

    (フードコート)

    フードコート

    (グッズショップ)

    グッズショップ

    (園内簡易売店)

    園内簡易売店

    ※事業予定者からの提案内容は現時点での計画であり、本市及び関係機関との協議により一部変更となる可能性があります。

    5.応募の経過

    (1)1次提案募集

    ア 応募スケジュール

       募集要項配布        平成29年3月30日

       説明会及び現地見学会  平成29年4月24日

       質問の受付          平成29年4月24日~平成29年5月15日

       質問の回答          平成29年5月31日

       応募書類の受付       平成29年7月20日~平成29年7月21日

       応募者へのヒアリング     平成29年8月

       1次審査通過者の選定    平成29年8月30日

       ※天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業者募集要項(1次提案募集要項)はこちらをご覧ください。

    イ 応募者数

       2者

    ウ 1次審査通過者の選定

       2者を1次審査通過者に選定

    (2)2次提案募集(1次審査通過者を対象として実施)

    ア 応募スケジュール

       募集要項配布        平成29年8月31日

       質問の受付         平成29年9月1日~平成29年9月15日

       質問の回答         平成29年9月29日

       応募書類の受付      平成29年10月18日~平成29年10月19日

       ※天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業者募集要項(2次提案募集要項)はこちらをご覧ください。

    イ 応募者数

       2者

    6.審査の経過

    (1)選定委員会の開催日

       第1回選定委員会  平成29年3月22 日

       第2回選定委員会  平成29年6月29日

       第3回選定委員会  平成29年8月24日

       第4回選定委員会  平成29年10月30日

    (2)審査結果

      

    第1位 近鉄不動産株式会社     70.6点/100点

    第2位 応募者A             60.2点/100点

    (3)選定理由

     天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業予定者(2次提案)の選定については、2者から応募があり、応募者から提出された応募提出書類に対する審査と応募者からのプレゼンテーション及び応募者への質疑応答の内容をもとに審査を行いました。

     審査にあたっては、(1)事業方針、(2)てんしばゲートエリアの事業計画、(3)動物園エリアの事業計画、(4)運営・維持管理計画、(5)事業計画に基づく事業効果、(6)公園使用料・収益還元金・ライセンス使用料・収支計画、(7)てんしばゲートエリアにおける既存施設の解体・土地造成にかかる大阪市の負担額の7項目を審査基準としたうえで、天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業予定者選定委員会の各委員において総合的に評価し、委員ごとに採点を行った審査結果の報告を受けました。

     本市として提案内容を総合的に考慮し、この選定委員会の報告を適正なものと認め、次の理由により、応募者のうち最も得点が高かった者を事業予定者として適格性を有すると判断しました。

     なお、選定委員会の審査過程においては、恣意性が働かないよう応募者の商号等を匿名として、審査を行いました。

     

    【選定理由】

    • エントランスエリア(てんしば)とゲートエリアとの関連性を重視し、人の動きや景観的繋がりを明確に提案しており、ゲートエリアのみならず天王寺公園全体の魅力や市民サービスの向上に寄与する可能性を有している。
    • 都市公園が担う防災機能という点においても事業者グループでの対応が可能であるなど、ネットワークを活かした安定した運営体制が構築されている。
    • 20年近くの長期にわたる本事業期間において、グループ会社と連結した収支が示されており、安定した経営が期待される。

    【附帯意見】

     なお、選定にあたっては、選定委員会より次の附帯意見がありました。 

     天王寺公園のみならず周辺地域まで含めた天王寺・阿倍野地域全体の将来を先導する事業に取り組んでいくという責任感を持って、取り組まれることを期待している。

     そのため、提案事業内容をさらにブラッシュアップし、空間デザインや施設内容、ソフト面での充実を図って頂きたい。

     なお、事業をより良いものとするため、事業計画の策定等にあたっては、次の点に留意して取り組んでいただきたい。

    •  事業者が描く20年後の動物園等の姿に向けて、挑戦する精神をもって進めていただきたい。
    • 商業的な側面だけでなく、公園・動物園の賑わいづくりのほか、都市公園が本来有する役割(憩い、安らぎ)についても配慮されたい。
    • 事業者は、採算性や事業の連続性を検証できるしっかりとした目標を設定されたい。
    • また、この事業は、20年の長期間に亘る事業であるため、予め環境の変化に適応できるシステムや体制等の整備の方針についても設定されたい。なお、利用者満足度といった定性的な評価指標だけでなく、事業を展開することによって客数が増えそれがどのように売上に反映されるのか等、収支計画の基礎となる数値目標についても設定されたい。
    • 施策ごとに詳細計画を設定した上で、適宜PDCAサイクルを、施策の展開や事業遂行に反映されたい。
    • てんしばゲートエリアにおける事業展開については、動物園の中に誘客するよう更なる創意工夫をされたい。
    • 動物園独自の商品開発については、動物園の魅力向上に資するものとなるよう、更なる創意工夫をされたい。
    • これらの実施にあたっては、事業者は来園者の要望等を把握するとともに、専門的知識を有する学識経験者の意見を聴取するとともに、市と十分な連携・協議をされたい。

    PDCAサイクル※ 行動を改善しながら、スムーズに続けるための、「1 Plan(計画):行動の計画を立てる」「2 Do(実行):計画にそって行動する」「3 Check(評価):計画 にそって行動できているか、成果が出ているかを確認する」「4 Action(改善):評価の結果に基づいて行動を継続的に改善する。」の4つの段階をサイクルのようにくり返す手法。

    (4)選定委員名・役職(敬称略・五十音順)

     蒲生 武志               蒲生武志公認会計士・税理士事務所所長

     下村 泰彦(委員長)   大阪府立大学大学院(人間社会システム科学研究科)教授

     槻橋  修               神戸大学大学院(工学研究科)准教授

     藤山 正道               一般社団法人日本ショッピングセンター協会理事

                               NPO法人再開発ビル活性化ネットワーク理事長

    SNSリンクは別ウィンドウで開きます

    • Facebookでシェア
    • twitterでツイートする

    探している情報が見つからない

    このページの作成者・問合せ先

    大阪市 経済戦略局観光部観光課集客拠点担当

    住所:〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場本場業務管理棟12階

    電話:06-6469-5164

    ファックス:06-6469-3896

    メール送信フォーム

    このページへの別ルート

    表示