ページの先頭です

大阪市立東洋陶磁美術館 日本フィンランド外交関係樹立100周年記念 特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」を開催します(2019年7月13日から10月14日まで)

2018年7月25日

ページ番号:442365

 大阪市立東洋陶磁美術館では、平成31年(2019年)7月13日(土曜日)から10月14日(月曜日・祝日)まで、日本フィンランド外交関係樹立100周年記念 特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」を開催します。
 本展では、1950年代、60年代を中心に活躍した個人作家の作品を中心に、フィンランド陶芸を黎明期から体系的にご紹介します。

開催概要

 フィンランド陶芸の萌芽として、19世紀末のアーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受け、アイリス工房に参加したアルフレッド・ウィリアム・フィンチ(1854年~1930年)などによる活躍が挙げられます。1930年代後半からのフィンランドにおける陶芸制作の躍進は、フィンチによって基礎が築かれた美術工芸中央学校での工芸教育が下地になりました。1932年に設立されたアラビア製陶所の美術部門では、設備の整った環境で作家の自由な創作活動が認められていました。それはヘルシンキ郊外の巨大な磁器製作所における、世界屈指の「スタジオ・ポタリー」とされ、実用的な器に留まらず陶彫や絵画的表現の陶板作品など、多くの傑作が生み出されました。例えば、ビルゲル・カイピアイネン(1915年~1988年)やルート・ブリュック(1916年~1999年)などの色彩豊かで物語性のある陶板や造形的な作品は、特に1940年以降の厳しい時代に国内外で人気を博します。彼らを含むアラビア製陶所の作家が多数出品した1951年のミラノ・トリエンナーレでは、数々の作品が受賞、フィンランド陶芸が世界に知れ渡る契機となりました。
 本展では、世界的に著名なフィンランド工芸のコレクターであるキュオスティ・カッコネン氏の所蔵作品から、約130件によりフィンランド陶芸の豊かな世界をご紹介します。
 なお本展に併せて、鮮やかな色彩と力強いテキスタイル・デザインで知られる「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」展を開催します。当館では、マリメッコ監修による新作の茶室を会場内でご覧いただくほか、代表的なデザインと3名のデザイナーによる「日本」をテーマとした新作テキスタイルをご覧いただきます。

開催要項

1 名称

 日本フィンランド外交関係樹立100周年記念
 特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」

2 開催期間

 平成31年(2019年)7月13日(土曜日)から10月14日(月曜日・祝日)まで

3 会場

 大阪市立東洋陶磁美術館

 大阪市北区中之島1-1-26(大阪市中央公会堂東側)

 京阪中之島線「なにわ橋」駅下車すぐ。Osaka Metro御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」、Osaka Metro堺筋線・京阪本線「北浜」各駅から約400メートル

4 休館日

 月曜日(ただし平成31年(2019年)7月15日、8月12日、9月16日、23日、10月14日は開館)
 平成31年(2019年)7月16日(火曜日)、8月13日(火曜日)、9月17日(火曜日)、24日(火曜日)

5 開館時間

 午前9時30分から午後5時まで(入館は閉館の30分前まで)

6 観覧料

  一般1,200円(20名以上の団体料金は1,000円)、高校生・大学生700円(20名以上の団体料金は600円)
  なお、中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)。

7 主催

 大阪市立東洋陶磁美術館、朝日新聞社

8 特別協力

 コレクション・カッコネン

9 企画協力

 S2株式会社

10 後援

 フィンランド大使館、フィンランドセンター

11 協力

 有限会社スコープ、アラビア、イッタラ

12 協賛

 大日本印刷、フィンエアー、フィンエアーカーゴ

13 展示点数

 約130件

14 同時開催

  • 「マリメッコ・スピリット フィンランド・ミーツ・ジャパン」展
  • [平常展]安宅コレクション中国陶磁、安宅コレクション・李秉昌コレクション韓国陶磁、沖正一郎コレクション鼻煙壺

15 巡回予定

16 主な作品

(1) アルフレッド・ウィリアム・フィンチ

 スウェーデン伯爵のルイ・スパーレは、1897年にフィンランドのポルヴォーでアイリス工房を設立します。これはイギリスのリバティ商会を意識した工房で、家具、染織、ガラスなどを制作しました。ここで陶磁器を制作したのが、スパーレに見出されたアルフレッド・ウィリアム・フィンチ(1854年~1930年)です。フィンチは、ブリュッセルで絵画を学び、アーツ・アンド・クラフツ運動の影響のもと1890年頃から陶磁器制作を行っていました。アイリス工房における、フィンランドの赤土を用い、アール・ヌーヴォー様式の植物文様が鮮やかな色彩で描かれた日用の陶器は、スウェーデンやドイツでも販売されました。アイリス工房の閉鎖後、彼は美術工芸中央学校で指導者として活動します。「機械時代の反対勢力として工芸に対する審美眼や制作技能を養うこと」を目標とした彼の教育は、その後のフィンランド陶芸の発展の基礎を築いたといえるでしょう。

花瓶
別ウィンドウで開く

アルフレッド・ウィリアム・フィンチ
花瓶
1897年~1902年
アイリス工房
高さ 25.5センチメートル
コレクション・カッコネン
photo:Niclas Warius

(2) キュッリッキ・サルメンハーラ

 1938年から約6年間美術工芸中央学校で学んだキュッリッキ・サルメンハーラ(1915年~1981年)は、1950年からアラビア製陶所の美術部門で制作を行いました。サルメンハーラは、陶芸の技術面を熱心に研究して、銅を呈色剤とする釉薬や貫入の表現により中国陶磁を意識した作品を制作、その後、粗いシャモットの質感を活かした制作へと展開しました。1957年には研究活動のためにアメリカに滞在し、当時盛んであった表現主義的な陶芸表現からも影響を受けています。教育者としての評価も高く、フィンランドにおける「近代陶芸の女王」と呼ばれています。

壺
別ウィンドウで開く

キュッリッキ・サルメンハーラ

1957年
アラビア製陶所
高さ 34.0センチメートル
コレクション・カッコネン
photo:Niclas Warius

(3) ルート・ブリュック

  ルート・ブリュック(1916年~1999年)は、美術工芸中央学校でグラフィック・アートを専攻し、1942年からアラビア製陶所の美術部門に参加し、共通のアトリエであったビルゲル・カイピアイネン(1915年~1988年)に陶芸の指導を受けました。本作は、彼女が実際に見た聖体祭の行進をもとにした作品で、型押し成形による複数の陶板によって全体が構成されています。ブリュックは、施釉した壁掛け用の陶板において新しい制作技法を開発しました。彼女の作品は、さまざまな色を用いて抒情的な主題を繊細に表現し、広く評価を得ました。

陶板
別ウィンドウで開く

ルート・ブリュック
陶板《聖体祭》
1952年~1953年
アラビア製陶所
高さ 86.0 幅 138.0センチメートル
コレクション・カッコネン
photo:Niclas Warius

17 問合せ先

 大阪市立東洋陶磁美術館

 電話:06-6223-0055 ファックス:06-6223-0057 ホームページ:http://www.moco.or.jp別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。