ページの先頭です

プロジェクト・ミーティング「中之島の記憶と未来:アーカイブが語る都市空間」を開催します

2019年1月25日

ページ番号:458902

 大阪市は、アートエリアB1運営委員会(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス)と共催で、平成31年3月2日(土曜日)にトークイベントとして「プロジェクト・ミーティング『中之島の記憶と未来:アーカイブが語る都市空間』」を開催します。

 大阪市経済戦略局(大阪中之島美術館準備室)は、大阪の豊かな歴史と都市空間をかたちづくってきた多彩な建築物や都市計画のアーカイブ化を推進しています。近世以来大阪にとって重要な場所であり、近代以降は官庁の建物が並ぶエリアとしても発展した中之島は、近年は文化施設の集積地として、大きな変化の時を迎えています。中之島とその歴史をどのように記録し、現在と未来の糧としていくか。新たな美術館が建設される、中之島の都市景観やまちの在り方について、過去と現在を横断するトークを展開します。

開催概要

イベント名

「プロジェクト・ミーティング『中之島の記憶と未来:アーカイブが語る都市空間』」(トークイベント)

日時

平成31年3月2日(土曜日)16時30分から18時30分まで

会場

定員

50名(参加無料、申込不要、当日先着順)

主催

アートエリアB1運営委員会(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス)、大阪中之島美術館準備室

登壇者

  • 嘉名光市(大阪市立大学工学研究科都市系専攻 教授)
  • 遠藤克彦(建築家、株式会社遠藤克彦建築研究所 代表取締役、大阪中之島美術館設計者)
  • 植木啓子(大阪中之島美術館準備室 研究副主幹)
  • モデレーター:木ノ下智恵子(大阪大学 共創機構社学共創本部 准教授)

同時開催

大阪中之島美術館中之島建築リバークルーズ

平成30年度文化庁戦略的芸術文化創造推進事業
都市の地質調査・再耕事業「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島」
クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島サイトツアー/トーク09

水都大阪のシンボルである中之島とその対岸には、個性豊かで魅力的な建築が並んでいます。重要文化財の中之島図書館や中央公会堂をはじめ、水運が活発だった大大阪時代の近代建築のみならず、昭和の高度経済成長期から平成の現代建築、そして2021年度に完成が予定されている大阪中之島美術館の計画地まで、各時代を代表する建築を知ることができます。大阪中之島美術館との連携企画として行う、今回のリバークルーズでは、そんな建築群を地上ではなく、空の広い水面から眺めることで、中之島の都市景観の新たな可能性を発見します。 

会場(予定周遊コース)

八軒屋浜船着場14時出航/ローズポート15時30分頃着

(八軒屋浜船着場→中之島を時計回りに一周→ローズポート)

日時

平成31年3月2日(土曜日) 14時から15時30分頃まで

定員

50名(要申込、先着順)

参加費

1,500円(PassMarket(登録不要)よりデジタルチケットをご購入下さい)

登壇者

  • 倉方俊輔(建築史家・大阪市立大学 工学研究科都市系専攻 准教授)
  • 髙岡伸一(近畿大学 建築学部 准教授)
  • モデレーター:植木啓子(大阪中之島美術館準備室 研究副主幹)
  • 司会:木ノ下智恵子(大阪大学 共創機構社学共創本部 准教授)

主催

文化庁、アートエリアB1運営委員会(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス)

制作

アートエリアB1運営委員会

企画協力

大阪中之島美術館準備室

お問合せ

アートエリアB1

電話 06-6226-4006

ホームページ http://artarea-b1.jp/別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局博物館運営企画室 新美術館整備担当

住所:〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場本場業務管理棟8階

電話:06-6469-5186

ファックス:06-6469-3897

メール送信フォーム