ページの先頭です

「ムムム!!文楽シリーズ 古典芸能 春 LIVE」を開催します

2019年2月1日

ページ番号:460502

 大阪市では、平成31年3月1日(金曜日)から3月3日(日曜日)に、ヒルトンプラザイースト 1階アトリウムにおいて、「ムムム!!文楽シリーズ 古典芸能 春 LIVE(ライブ)」を開催します。

 「ムムム!!文楽シリーズ」は、大阪生まれの古典芸能・文楽をより多くの方々に知っていただこうと、その魅力をコンパクトにまとめ、気軽なスタイルで紹介するシリーズイベントです。

 西日本最大のターミナルJR大阪駅にほど近い「ヒルトンプラザイースト」を会場に、例えばストリートライブでも楽しむかのようなカジュアル感覚で大阪にゆかりの古典芸能をお楽しみいただきます。

 今回は、文楽に加えて、大阪の芸能文化にかかわりの深い能と講談も上演し、観客も一緒に声を出し体を動かしながらご参加いただき、奥深い大阪の文化を身近に感じていただきます。能や文楽、講談をはじめて見る人もお楽しみいただける内容となっており、観覧無料でお楽しみいただけます。

1.日時

平成31年3月1日(金曜日)から3月3日(日曜日)まで

開演 14時 

終演 15時(予定)

2.場所

ヒルトンプラザイースト 1階アトリウム(大阪市北区梅田1-8-16

 最寄り駅:JR「大阪」駅、Osaka Metro四つ橋線「西梅田」駅、Osaka Metro御堂筋線「梅田」駅、Osaka Metro谷町線「東梅田」駅

3.料金

無料

  • 事前のお申込みは不要です。

4.内容

文楽Day(デイ)

平成31年3月1日(金曜日)、3月3日(日曜日)

  • 文楽の魅力を解説するショートトーク(約15分)
  • 上演「二人三番叟(ににんさんばそう)」(約20分)
  • 太夫・三味線・人形の体験コーナー(約25分)

【出演者】

太夫

竹本 三輪太夫(たけもと みわたゆう)/豊竹 呂勢太夫(とよたけ ろせたゆう)/豊竹 亘太夫(とよたけ わたるだゆう)

三味線

鶴澤 藤蔵(つるざわ とうぞう)/鶴澤 友之助(つるざわ とものすけ)/鶴澤 清允(つるざわ せいいん)

人形

吉田 玉助(よしだ たますけ)/吉田 簑一郎(よしだ みのいちろう)/吉田 文哉(よしだ ぶんや)/吉田 玉翔(よしだ たましょう)/桐竹 勘次郎(きりたけ かんじろう)/吉田 簑之(よしだ みのゆき)/吉田 玉征(よしだ たまゆき)/桐竹 勘昇(きりたけ かんしょう)

はやし

望月太明藏社中(もちづきためぞうしゃちゅう)

(注)演目・出演者等は、予告なく変更する場合があります。

能・講談Day(デイ)

平成31年3月2日(土曜日)

  • 本LIVEオリジナル講談「上方芸能列伝」(約20分)
  • 能の魅力を解説するショートトーク(約15分)
  • 半能「高砂」(約15分)
  • 能楽体験コーナー(約10分)

【出演者】

シテ方

山本 章弘(やまもと あきひろ) 

地謡

大西 礼久(おおにし ふみひさ)/井戸 良祐(いど りょうすけ)/立花 香寿子(たちばな かずこ)/笠田 祐樹(かさだ ゆうき)/山本 麗晃(やまもと よしあき)

囃子方

杉 信太朗(すぎ しんたろう):笛/古田 知英(ふるた ともひで):小鼓/石井 保彦(いしい やすひこ):大鼓/田中 達(たなか とおる):太鼓

講談

旭堂 南海(きょくどう なんかい)

(注)演目・出演者等は、予告なく変更する場合があります。

5.主催

文楽を中心とした古典芸能振興事業実行委員会(大阪市、公益財団法人 文楽協会)

6.問合せ先

公演内容・当日の取材に関する問合せ先

株式会社NHKプラネット 近畿総支社 企画事業部
電話:06-6945-7100(平日11時から17時まで) ファックス:06-6945-7133

その他の問合せ先

経済戦略局文化部文化課
電話:06-6469-5176(平日9時から17時30分) ファックス:06-6469-3897

古典芸能 春 LIVEチラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない