ページの先頭です

第1号 不安って何? 精神科医師 金子 浩二

2017年1月6日

ページ番号:5994

不安=対象のない恐れ



 人はよく「うまくできるか不安だ。」「不安な毎日を送っている。」などと、不安という言葉を日常的によく使っています。不安な時には、「どうなるんだろうか?」と誰もが緊張し、ドキドキします。

 でも、「じゃあ、いったい何がそんなに不安なの?」「不安って何?」と聴かれると、「いや何となく・・・」などと返答に困ってしまうことが多いものです。

 専門書を開いてみると、「恐怖は対象のある恐れであるが、不安は対象のない恐れである。」などと難しいことが書いてあります。そして、「これは自我が危険にさらされ、存在が脅かされたときに起こる情動である。」とまで定義されていて、もう頭の中が混乱して不安になってしまいますよね(笑)。

 要するに、「何となく不安」といった漠然としたもので、どうしたらいいのか、自分の態度を決めかねているような状態ということです。通常は人に話をしたり、好きなことをしたりして、このもやもやした状況を、知らぬ間に解消しています。

 しかし、仕事や家事に疲れている場合や体調を崩している時などは、人間という生き物はこの不安に対して、あまり上手に対応できないものなのです。いらいらしたり、食欲がなくなったり、眠れなかったり・・・。そんな状態が長引いた時や、心のバランスだけではなく、身体のバランスも崩れやすくなっているんですよ。

 「危ない処に近寄らないようにする。」などといった対応策は考えやすいのですが、胸をしめつけられる感じ、息苦しさ、動機、冷汗、ふるえ、めまい、その他不快なものに変わりやすい不安はやっかいなものですね。何が不安なのかがわかれば、話は早いのかもしれませんが、なかなかそうも行かないところが大変なところなのです。また、「自分の思うようにしなさい。何したっていいですよ。」などと言われると、かえって不安になります。今はそんなストレスがかかりやすい時代なのかもしれません。ひどくなると、「命があぶないのでは」と感じるくらい苦しくなる場合や、電車にも乗れなくなってしまうときだってあります。

 そんな時は、ちょっと専門家に相談してみるのも良いかもしれません。案外すぐに解決することだってありますよ。

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部こころの健康センター

住所:〒534-0027 大阪市都島区中野町5丁目15番21号(都島センタービル3階)

電話:06-6922-8520

ファックス:06-6922-8526

メール送信フォーム