ページの先頭です

動物取扱業登録申請関係

2016年12月28日

ページ番号:7339

  「動物の愛護及び管理に関する法律(以下、「動愛法」)」の改正により、平成25年9月1日から、営利目的で動物の取扱いを営むこれまでの「動物取扱業」が「第一種動物取扱業」となりました。第一種動物取扱業をはじめる場合は、これまでどおり登録が必要です。
 また、新たに非営利で動物の取扱いを業として行う場合、「第二種動物取扱業」の届出が必要となりました。
 登録申請及び届出等の手続きは、大阪市動物愛護相談室で行ってください。

 (第一種動物取扱業登録申請等の諸手続き)
 (第二種動物取扱業届出の諸手続き)

第一種動物取扱業とは

 社会性を有して、一定以上の頻度・取扱量で、有償・無償の別を問わず事業者の営利を目的として、動物の取扱いを営むことをいいます。
 第一種動物取扱業の範囲は下表のとおりです。なお、通信販売業者等施設を持たない業者についても登録対象となります。

第一種動物取扱業の登録対象となる業種・業態の一覧
業種業の内容該当する業者の例
販売(取次ぎ又は代理を含む)動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖又は輸入を行う業者、露店等における販売のための動物の飼養業者、施設を持たないインターネット等による販売業者
保管保管を目的に顧客の動物を預かる業ペットホテル業者、美容業者(動物を一時的でも預かる場合)、ペットシッター
貸出し愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸出す業ペットレンタル業者、映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者
訓練顧客の動物を預かり訓練を行う業動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示動物を見せる業(「ふれあい施設」を含む)動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設、アニマルセラピー業者(「ふれあい」を目的とする場合)
競りあっせん業動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行う業動物オークション(会場を設けて行う場合)
譲受飼養業有償で動物を譲り受けて飼養を行う業老犬老猫ホーム

登録の要件及び登録の拒否について

 登録には、「動愛法」に基づく必要な要件があり、これを満たさなければ登録の拒否をすることがありますので、必ず、事前に【チェックリスト】(下記参照)で確認してください。
 申請者が個人の場合は免許証等による本人確認(代理申請の場合は代理人の本人確認)又は偽名等により虚偽の申請をしたことが後日判明した場合は登録の停止(取り消し)を行う場合があります。
 営業所の名称については、「動愛法」による規制を受けるものではありませんが、表現に差別性のあるものや不快感を与えるもの、又、公序良俗に反するものでないように、ご留意ください。

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

動物取扱責任者について

 「動愛法」第22条の規定により事業所の業務を適正に実施するために、事業所ごとに次の要件を満たす常勤の職員から選任しなければなりません。

  1. 営もうとする第一種動物取扱業の種別ごとに半年間以上の実務経験があること  
  2. 営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること  
  3. 公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明をえていること

 また、第一種動物取扱業者は、選任したすべての動物取扱責任者に、1年に1回以上大阪市長が実施する研修を受けさせなければなりません。また、動物取扱責任者は、研修で得た知識や技術を事業所の動物取扱責任者以外の職員に指導しなければなりません。
  なお、止むを得ない事由により市長が実施する研修を受講できず、1年を超えてしまう場合は、大阪市長が同等以上の内容であると認める都道府県知事等が実施する研修を受講することをもって代えることができます。

第二種動物取扱業とは

 飼養施設を設置し、社会性を持って、反復継続して定められた数以上の動物の取扱いを非営利に行うことをいいます。譲渡、保管、貸出し、訓練、展示等の業種が届出の対象となります。

 なお、届出が必要となる動物種及びその数は下表のとおりです。
第二種動物取扱業の届出対象となる動物の飼養数
動物の種類
(1) 大型動物(牛、馬、豚、ダチョウ又はこれらと同等以上の大きさを有する哺乳類若しくは鳥類に属する動物)及び特定動物の合計3
(2) 中型動物(犬、猫又はこれらと同等以上の大きさを有する哺乳類、鳥類若しくは爬虫類に属する動物。ただし、大型動物は除く。)の合計10
(3) (1)(2)以外の哺乳類、鳥類若しくは爬虫類に属する動物の合計50
(4) (1)(2)の動物の合計10
(5) (1)から(3)までの動物の合計50

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

健康局 健康推進部 動物管理センター分室(動物愛護相談室)
電話: 06-6978-7710 ファックス: 06-6972-9154
住所: 〒537-0014 大阪市東成区大今里西1丁目19番29号 東成区保健福祉センター分館内
開庁時間:月曜日から金曜日の9時00分から17時30分まで(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは除く)

メール送信フォーム