ページの先頭です

ご注意ください!ノロウイルスによる食中毒が発生しています

2014年9月8日

ページ番号:73357

  近年、全国的に冬季を中心に一年を通じてノロウイルスによる食中毒が多く発生しています。

  ノロウイルス食中毒事例の多くは、調理従事者の不十分な手洗いによる食品汚染が原因であると疑われています。

  食中毒や二次感染を防ぐために、次のことに注意しましょう。

   1.調理を行う前、食事の前、トイレに行った後、嘔吐・下痢等の患者の汚物処理やおむつ交換などを行った後は、必ず手を洗いましょう。

   2.カキなどの二枚貝は、中心部まで十分加熱(85℃~90℃、90秒間以上)して食べましょう。

   3.嘔吐物等で汚染した場所は、塩素系消毒薬でしっかり消毒しましょう。

正しい手の洗い方

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

健康局 健康推進部 生活衛生課 食品衛生グループ
電話: 06-6208-9991 ファックス: 06-6232-0364
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

メール送信フォーム