ページの先頭です

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症にご注意ください

2015年8月12日

ページ番号:85187

 犬や猫の咬傷によりカプノサイトファーガ・カニモルサス感染症を発症することがあります。
 日頃から、動物との過度のふれあいは避け、動物と触れあった後は手洗いなどを確実に実行してください。

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症とは

 カプノサイトファーガ・カニモルサスという細菌を原因とする感染症です。この細菌は犬や猫などの口腔内に常在しており、犬や猫に咬まれたり、引掻かれたりすることで感染します。
 症状は、発熱、倦怠感、腹痛、吐き気、頭痛などです。重症化した場合は、敗血症や髄膜炎を起こし、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血性ショック、多臓器不全に進行して死に至ることがあります。
 今までに報告されている患者数は非常に少ないことから、本病は極めて稀にしか発症しないと考えられます。しかし、高齢者など、免疫機能が低下している方は、発症した場合、重症化しやすいと考えられますので注意してください。

参考資料

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課乳肉衛生・動物管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9996

ファックス:06-6232-0364

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示