ページの先頭です
メニューの終端です。

ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチン接種について

[2016年4月22日]

 重篤な感染症である細菌性髄膜炎は、2歳未満で多く発症し、約6割がヒブ、約2割が肺炎球菌によるものです。このうち、約5%が死亡、約20%が後遺症を引き起こしますが、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンを接種することで約9割が予防できるといわれています。

 ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンは、平成25年4月1日から、予防接種法に基づく定期接種(公費負担)になりました。
 平成25年11月1日以降、小児用肺炎球菌ワクチンは「プレベナー7」から「プレベナー13」に切り替わりました。
 平成26年4月1日から同一ワクチンの接種間隔の上限を撤廃する等の予防接種実施規則の改正がありました。接種方法は次のとおりです。

対象者

 生後2か月から60か月に至るまで
    ※接種時に大阪市に住民登録のある方

接種回数

 接種を開始する月齢(年齢)によって接種回数が1回から4回と異なります。
接種時期と回数
接種を開始する月齢
(年齢)
ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型)小児用肺炎球菌ワクチン
生後2か月から7か月に至るまでの場合

初回接種:27日(医師が必要と認める時は20日)以上(標準的には56日まで)の間隔をあけて3回
追加接種:初回接種終了後7か月以上(標準的には13か月まで)の間隔をあけて1回

※初回2回目及び3回目の接種は、生後12か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は可能であるが、初回接種終了後、27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をあけて1回行う。

初回接種:(標準的には生後12か月までに)27日以上の間隔をあけて3回
追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をあけた後、かつ生後12か月に至った日以降に1回(標準的な接種期間は生後12~15か月)

※初回2回目及び3回目の接種は生後24か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)。
※初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合、初回3回目の接種は行わない (追加接種は実施可能)。

生後7か月から12か月に至るまでの場合

初回接種:27日(医師が必要と認める時は20日)以上(標準的には56日まで)の間隔をあけて2回
追加接種:初回接種終了後7か月以上(標準的には13か月まで)の間隔をあけて1回

※初回2回目の接種は、生後12か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は可能であるが、初回接種終了後、27日 (医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をあけて1回行う。

初回接種:(標準的には生後12か月までに)27日以上の間隔をあけて2回
追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をあけた後、かつ生後12か月に至った日以降に1回

※初回2回目の接種は生後24か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)。


生後12か月から24か月に至るまでの場合
1回2回(60日以上の間隔をあける)

生後24か月から60か月に至るまでの場合
1回

接種費用

対象者が委託医療機関で接種した場合、無料です。

接種方法

 ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンの予診票は、25年度以降に交付された予防接種手帳に添付されているか、医療機関、又は保健福祉センターにあります。事前に実施医療機関に接種日時等を確認の上、母子健康手帳を持参し、接種を受けてください。
 ・予防接種を受けるにあたっての注意事項
 ・予防接種の接種間隔

接種実施医療機関

 接種可能な市内の医療機関を公表します。事前に、診療日時や予約の有無などをご確認ください。※医療機関名簿は、最新情報に基づき随時変更しています。
 ・接種実施医療機関名簿

病気の特徴とワクチン及び副反応

ご活用ください

副反応が起こった場合

 予防接種後、まれに副反応が起こることがあります。予防接種を受けた後、接種した部位が痛みや熱をもってひどく腫れたり、体調変化が現れた場合は、速やかに接種した医師(医療機関)の診察を受けてください。予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障がいを残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種に基づく補償を受けることができます。お住まいの区の保健福祉センター(保健福祉課、保健課、又は健康課)にご連絡ください。国の審査会にて審査し、予防接種によるものと認定された場合に補償を受けることができます。

関連リンク情報

このページの作成者・問合せ先

大阪市健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所: 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話: 06-6647-0656 ファックス: 06-6647-1029

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]