ページの先頭です

コンタクトレンズの適正使用について

2017年10月20日

ページ番号:302180

 コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズも含む)は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律において「高度管理医療機器」に分類されており、適正に使用しなかった場合、角膜炎、角膜潰瘍等の重篤な眼障害を引き起こすことがあります。

コンタクトレンズを使用される方へ

安全にコンタクトレンズを使用するには

  • コンタクトレンズを購入する際は眼科医の診察を受けるようにしましょう。
  • 眼に異常を感じなくても眼障害が起こっている場合もあるので、必ず定期検査を受けてください。
  • 製品の添付文書をよく読み、取扱方法を守って、無理な使用は避けてください。
  • 少しでも眼に異常を感じたら直ちに使用を止め、眼科医の検査を受けてください。
  • なお、カラーコンタクトレンズはレンズが着色されていることから、目に酸素が行き渡りにくく、角膜にも傷がつきやすいため、使用にはより注意が必要です。
  • インターネットを利用して購入する際は、適切な情報提供を受けられるかどうか確認した上で購入しましょう。

コンタクトレンズを販売される方へ

高度管理医療機器販売業の許可を受けずにコンタクトレンズを販売することは違法です!

 コンタクトレンズを販売する際は、営業所ごとに高度管理医療機器販売業の許可を取得する必要があります。申請に必要な様式や手引き等については、下記リンク先をご確認ください。
 ・医療機器の販売業・貸与業に係る各種申請・届出等について

使用者への情報提供について

  • コンタクトレンズを販売する際は、購入者が医療機関を受診しているか確認の上、適正な使用のために必要な情報提供を行ってください。
  • 購入者が医療機関を受診していない場合は、コンタクトレンズによる健康被害等について情報提供を行い、医療機関を受診するよう勧奨してください。
  • 購入者から健康被害の相談等があった場合には、必要に応じて購入者が受診した医療機関に対し情報提供を行ってください。

関連通知

通知

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

関連リンク

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課薬務指導グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9986

ファックス:06-6202-6967

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示