ページの先頭です

豚の食肉(レバーなどの内臓を含む)は、中までしっかり加熱してください。

2015年6月12日

ページ番号:312988

 豚の血液やレバー等からはE型肝炎ウイルス、食中毒菌及び寄生虫が検出されることがあり、豚の食肉(レバーなどの内臓を含む。以下同じ。)を生や加熱不十分で食べると健康を損なう可能性があります。E型肝炎ウイルスや寄生虫は食肉の内部まで汚染しているため、このようなリスクを低減するためには、内部まで十分に加熱するほかありません。
 このような状況のもと、厚生労働省は、食品衛生法に基づき、豚の食肉に関する新たな基準を設定し、平成27年6月12日から、豚の食肉を生食用や、タタキやレアなど加熱不十分な状態で提供することが禁止されました。
 
 新たな基準の詳細については、厚生労働省通知食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について別ウィンドウで開く及び豚の食肉の基準に関するQ&Aについて別ウィンドウで開くをご覧ください。

事業者の皆様へ

 豚の食肉の販売・提供にあたっては次のことを必ず守ってください。

豚の食肉を原料として調理する場合は、中心部まで十分に加熱しなければなりません

  • 中心部の温度が63℃で30分間以上、または75℃で1分間以上の加熱が必要です。めやすとしては、中心部まで十分に火が通り、中心部の色が白っぽく変わるまで加熱してください。
  • タタキやレア状態での提供は禁止されます。
  • 基準を満たして製造された生ハムなどの食肉製品については、今回新たに設けられた豚の食肉の基準は適用されません。

来店客が自ら調理するため、加熱していない豚の食肉を提供する場合には、中心部まで十分な加熱が必要である旨の案内をしなければなりません

  •  飲食店において来店客が自ら調理して食べる場合には、飲食店はコンロや七輪などの加熱調理ができる設備を必ず提供してください。
  •  飲食店事業者は、来店客が豚の食肉を中心部まで十分に加熱して食べるように、「加熱用であること」「調理の際には中心部まで加熱する必要があること」「食中毒の危険があるため生では食べられないこと」等をメニューや店内などの掲示により、情報提供をしなければなりません。
  • もし、来店客が生や不十分な加熱のままで食べている場合には、十分に加熱して食べるように説明しなければなりません。

豚の食肉を販売する場合は、「加熱用」として販売しなければなりません

  • 「生食用」「刺身」として豚の食肉は販売できません。
  • 販売者は、消費者が豚の食肉を十分に加熱して食べるように「加熱用であること」「調理の際には中心部まで加熱する必要があること」「食中毒の危険があるため生では食べられないこと」等を掲示するなどして、案内しなければなりません。

豚の食肉(レバーなどの内臓を含む)は、中までしっかり加熱してください

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

消費者の皆様へ

 豚の食肉を調理する際には中心部の色が白っぽく変わるまで十分に加熱し、次のことにも注意しましょう。

  • 専用のトングや箸、皿を使い、焼き上がった肉や野菜など直接口に入れるものに触れないよう気をつけましょう。
  • 豚の食肉に触ったら、よく手を洗いましょう。
  • 豚の食肉に触れた包丁や、まな板などもよく洗いましょう。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課乳肉衛生・動物管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9996

ファックス:06-6232-0364

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示