ページの先頭です

各種バンクドナー登録について

2017年1月6日

ページ番号:371506

腎臓バンクのご案内

腎臓の機能が極度に低下した「腎不全」の患者さんは、人工腎臓による透析を受けて生命を維持しなければなりません。これらの人たちは、週 2~3回、1回当たり4時間程度の透析を生涯続けなければならず、また水分や塩分の摂取制限が課せられるなど、社会生活、日常生活での厳しい制約を受けています。腎臓移植を受ける患者さんが必要としている腎臓を、死後提供してくださる方の登録申し出を受け付けています。          

お問合せ: 
公益財団法人 大阪腎臓バンク別ウィンドウで開く
大阪市北区鶴野町4-11-709
電話:06-6377-3000  ファックス:06-6377-3022

アイバンクのご案内

角膜が病気やけがなどで濁ったり変形したりすると視力が低下したり見えなくなったりします。このような角膜を、透明な角膜と取り替える手術を角膜移植といい、移植を受けた方は、視力を回復することができます。角膜移植を受ける患者さんが必要としている角膜を、死後提供してくださる方の登録申し出を受け付けています。    

お問合せ: 
公益財団法人 大阪アイバンク別ウィンドウで開く
〒565-0871
吹田市山田丘2番2号
大阪大学医学部銀杏会館内
電話:06-6875-0115  ファックス:06-6875-0212

骨髄移植のご案内

骨髄移植とは、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの骨髄・末梢血幹細胞を、健康な方の骨髄・末梢血幹細胞と入れ替える(実際は骨髄液を点滴注射する)ことにより、造血機能を回復させる治療法です。
 日本では「骨髄バンク事業」が平成4年から開始され、これまでに多くの患者さんを救う実績をあげています。    

お問合せ: 
公益財団法人 日本骨髄バンク別ウィンドウで開く
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-19 廣瀬第2ビル7階
 コーディネートや骨髄バンクのご利用に関すること:03-3296-8699
 ドナー登録をお考えの方、ドナー登録されている方:0120-445-445(フリーダイヤル)

さい帯血バンク(造血幹細胞移植情報サービス)のご案内

さい帯血とは、赤ちゃんとお母さんを結ぶさい帯(へその緒)に含まれる血液のことです。さい帯血には、骨髄と同様に、血液を作り出す細胞(「造血幹細胞」といいます。)がたくさん含まれていますので、白血病などの患者さんに移植して、病気を治療することができます。    

お問合せ: 
造血幹細胞移植情報サービス別ウィンドウで開く日本赤十字社近畿さい帯血バンク別ウィンドウで開く
〒536-8505
大阪市城東区森之宮2-4-43
大阪府赤十字血液センター内
電話:06-6962-7001(代表)  ファックス:06-6968-4900

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所:〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話:06-6647-0656

ファックス:06-6647-1029

メール送信フォーム