ページの先頭です

熱中症予防啓発の取り組みにより「ひと涼みアワード2016」最優秀声かけ賞官民連携部門を受賞しました!

2016年11月16日

ページ番号:379173

 「ひと涼みアワード2016」(JEC(一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム 本社:東京都渋谷区、代表理事:荒川祐二)が総合運営事務局を務める「熱中症予防声かけプロジェクト別ウィンドウで開く」主催)とは、全国の行政、企業、民間団体の熱中症予防啓発活動を表彰する式典です。

 今年は、行政235団体、企業342社、民間団体75団体、計652団体の今夏における熱中症予防啓発の取り組みが寄せられ、大阪市は”最優秀声かけ賞官民連携部門(行政)”を受賞しました。

 最優秀声かけ賞官民連携部門(行政)とは、熱中症予防声かけプロジェクト賛同会員行政の中で、最も官民で連携し、画期的な啓発活動をした行政に授与される賞です。

 ひと涼みアワード2016(表彰式)は、10月28日(金)に東京ウィメンズプラザで開催され、最優秀賞受賞団体の企業、民間団体より大塚製薬様、行政より埼玉県熊谷市様の2組が「トップランナー賞」として、アワード参加者の投票により決定されました。

 今年の受賞者はこちら別ウィンドウで開くをご覧ください。


表彰状


トロフィー

今夏の官民連携による主な取り組み

 熱中症は、暑い場所で体の水分と塩分のバランスが崩れたり、体の調整機能が正常に働かなくなることにより発症します。また、屋外だけではなく、室内や夜間でも幅広い年齢層で発症しています。しかし、熱中症は予防法を知っていれば防ぐことができ、応急処置を知っていれば命を救うこともできます。そのため、大阪市では熱中症予防法について、正しい知識が広く市民に伝わるよう、様々な機会を活用して普及啓発を行っています。

広く市民を対象とした取り組み

 広く市民へ熱中症に対する注意喚起及び予防法を伝えるため、熱中症予防啓発うちわを作成し、区役所及び本庁舎に来庁された方へ配布しました。また、熱中症予防啓発ポスターを作成し、大阪市の施設や地下鉄主要駅などに掲示するとともに、より啓発効果を高めるため、大阪府薬剤師会様、大阪府美容生活衛生同業組合様、大阪府公衆浴場業生活衛生同業組合様、イオングループ様のご協力により、薬局、美容院、公衆浴場、スーパーへ掲示しました。

 大阪市内で今年(平成28年5月1日から平成28年9月30日までの間)熱中症で救急搬送された方は1,123人(速報値)です。年により変動はありますが、近年猛暑日が長期間にわたっており、熱中症患者が増えています。そのため、市民に熱中症の予防方法を知っていただくことが非常に重要となります。これからも、熱中症予防に関して広く市民へ伝わる啓発活動に努めてまいります。

熱中症予防啓発うちわ、ポスター

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

高齢者を対象とした取り組み

 主に高齢者を対象とした熱中症予防啓発リーフレットを作成し、地域で高齢者の見守り活動を行っていただいている民生委員・児童委員の皆様、地域における高齢者の相談窓口である地域包括支援センター様、各区社会福祉協議会様のご協力を得ながら配布し、熱中症にならないように声かけを行いました。

 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者であり、特に注意が必要です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調整機能も低下しています。のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分を補給したり、暑さを感じていなくても扇風機やエアコンを使って温度調整をするなどの対策が重要です。

熱中症予防啓発リーフレット

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

「健康増進に関する連携協定」を活用した取り組み

 本年3月に「健康増進に関する連携協定」を締結した大塚製薬様のご協力により、乳幼児やスポーツをされる方を主なターゲットとした熱中症予防啓発うちわを作成し、区役所における子育て教室など乳幼児向けの事業で乳幼児の保護者に配布し、ココカラファイン様のご協力により、調剤薬局で小児科受診患者の保護者へも配布しました。また、市立スポーツセンター等で管理者様にご協力いただき、施設利用者に配布しました。

 その他の取り組みとして、熱中症予防には栄養をとることも効果があるため、食生活、健康の大切さを普及啓発する食育キャンペーン等の場を活用した熱中症予防啓発や熱中症予防講習を行いました。

熱中症予防啓発うちわ(大塚製薬様作成分)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

熱中症予防強化月間関連イベント「熱中症予防声かけ出陣式2016」開催

 「熱中症予防声かけプロジェクト」の呼びかけに賛同し、政府が定める熱中症予防強化月間が始まる7月1日に、暑さで有名な全国16の自治体で連携して”熱中症予防声かけ出陣式2016”を開催しました。

 本庁舎前で”出陣式のぼり”を掲げて出陣式を実施し、来庁者や歩行者の皆様に「熱中症に気をつけて」と声をかけながら、熱中症対策ドリンク、うちわ(1,000セット)を配布しました。その際は、ココカラファイン様にもご協力いただきました。

 当日は天気も良く、30分程度で配布が完了し、大好評のうちにイベントは終了しました。





最優秀声かけ賞官民連携部門受賞にあたって

 今夏における大阪市の熱中症予防啓発に関する取り組みが評価され、”最優秀声かけ賞官民連携部門(行政)”を受賞したことは、大変光栄に思います。民間企業、団体との連携を推進することで、啓発の輪を広げることができたと実感しています。来年度は更にその輪が大きくなるよう様々な啓発を企画したいと考えますので、皆様のご協力をよろしくお願いします。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部健康施策課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9951

ファックス:06-6202-6967

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示