ページの先頭です

長柄バイパス(ながらばいぱす)

2018年4月3日

ページ番号:26470

諸元・アクセス

長柄バイパス写真

橋長:358.93m
幅員:7.0m
形式:桁橋(連続桁)
完成:昭和39年(昭和56年改造)
行政区:東淀川区
河川名:淀川
アクセス:阪急電鉄 柴島駅 
      およそ600m 徒歩10分
      大阪シティバス「長柄橋北詰」

歴史・文化

 昭和30年代になると、自動車交通量が急激に増加し長柄橋北詰交差点は市内随一の渋滞箇所となった。この交通混雑を解消するために、長柄バイパスの建設が計画され、昭和39年に完成した。これによって、橋を北進して吹田方面へ向かう車は橋の途中で分離され、立体的に交差点を右折できるようになった。また、このバイパスは、カーブの半径が40mで、当時では珍しい曲線の鋼床版箱桁が採用されている。

 

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム