ページの先頭です
メニューの終端です。

天王寺動物園で国際ホッキョクグマの日にちなみホッキョクグマイベントを開催します~International Polar Bear Day~【平成28年2月27日(土曜日)開催】

[2016年2月18日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際ホッキョクグマの日にちなみホッキョクグマイベントを開催!

 天王寺動物園では、平成28年2月27日(土曜日)の国際ホッキョクグマの日にちなみ、ホッキョクグマイベントを開催します。

 天王寺動物園のホッキョクグマをとおして、地球温暖化によって脅威にさらされているホッキョクグマ達のことや地球環境について、みなさんと一緒に考えるイベントです。

 午前は「イッちゃん」に、午後は「バフィン」&「モモ」に、新しいおもちゃをプレゼントしますので、いつもより活発に動く様子を飼育員のガイドとともにご覧いただけます。

 また、ささやかながら雪のプレゼントも行う予定です。

 なおガイド終了後には、素敵な景品がもらえるクイズ大会(午前の部のみ)も行いますので、ぜひお越しください。

 

 ※イベント当日はホッキョクグマの展示時間を変更いたします。あしからずご了承ください。

   「イッちゃん」 10時30分から13時30分

   「バフィン」&「モモ」 14時から16時30分

 

開催概要

午前の部 「イッちゃん」

日時:平成28年2月27日(土曜日)10時30分から

場所:天王寺動物園内 ホッキョクグマ舎前

内容:

 (1)株式会社蓬莱 常務 田中 一昭様 挨拶

 (2)新しいおもちゃのプレゼントや雪あそびならびに飼育員によるガイド

    新しいおもちゃにテンションが上がること間違いなしです。

    また、ロシア生まれの「イッちゃん」にとっては、久しぶりの雪の感触です。どのような反応を見せてくれるでしょうか?

 (3)クイズ大会 

    クイズ大会は、地球温暖化など環境についてみなさんと一緒に考えるためのイベントです。

    クイズに正解された方に素敵な景品を差し上げます。

    ガイドの中にヒントがたくさんありますので、イベントのガイドをしっかりと聞いてください。


イッちゃんの写真
別ウィンドウで開く

イッちゃんの写真

午後の部 「バフィン」&「モモ」

日時:平成28年2月27日(土曜日)14時から

場所:天王寺動物園内 ホッキョクグマ舎前

内容:

 新しいおもちゃのプレゼントや雪あそびならびに飼育員によるガイド

   新しいおもちゃが大好きな「バフィン」と「モモ」。取り合いをせず仲良く遊んでくれるでしょうか?

    「モモ」は初めて雪に出会います。さてどんな反応をするでしょうか?「バフィン」は雪を楽しんでくれるかな?


「バフィン」&「モモ」の写真
別ウィンドウで開く

「バフィン」&「モモ」の写真

開催場所

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【お知らせ】

 天王寺動物園では、2月をホッキョクグマ月間として、毎日午前と午後に一回ずつ、飼育員よりホッキョクグマ達に活魚(生きたコイ)をプレゼントしています。

 これは、単調な生活になりがちなホッキョクグマ達の生活を豊かにしようとする、環境エンリッチメント(※1)の一環として行っています。

 時間については、ホッキョクグマの様子を見ながら飼育員が行いますので決まっていませんが、午前は「バフィン」&「モモ」に、午後は「イッちゃん」にそれぞれ一度ずつプレゼントしています。

 寒い冬はホッキョクグマが活発に活動する季節です。

 活魚を元気いっぱい追いかける姿をご覧いただけますので、ご来園の際はぜひホッキョクグマ舎までお立ち寄りください。

(※1)環境エンリッチメントについて

 環境エンリッチメント(environmental enrichment)とは、「飼育している動物たちが幸せに暮らせるようにするための具体的な方策」のことです。

 動物園では野生動物を多く飼育していますが、野生動物たちはそれぞれの生息環境に長い年月をかけて適応してきました。動物園では生息環境をそのまま再現することは不可能で、野生の生息環境と比べて狭く、単純で、変化が少ないものになりがちです。そこで、こうした飼育環境に工夫を加えて、環境(environment)を豊かで充実(enrich)したものにしようという試みが環境エンリッチメントです。

 具体的には動物が持つ野生本来の行動の種類や時間配分を発現出来るように、採食(エサの種類、与え方、回数などを工夫する)・社会性(群れ飼育、年齢・性別構成)・認知(遊具やおもちゃなどで頭を使えるようにする)・感覚(五感を使わせる)・空間(行動特性に配慮する)を豊かにします。

 天王寺動物園は、幅広い動物種で、飼育動物たちの環境を豊かにする様々な工夫(環境エンリッチメント)を試みており、NPO法人市民ZOOネットワークの「エンリッチメント大賞2015」を受賞しました。


【参考】ホッキョクグマについて

 北極圏に生息し、現地ではアザラシなどを主に捕食する肉食動物。クマの仲間では最大級の種で、オスは最大で全長2.5メートル、体重800キログラムになる個体もいる。普通は、300~500キログラム。メスは全長2~2.5メートル、体重175~300キログラム程になる。

 メスは冬場に雪を掘って巣穴を作り、その中で赤ちゃんを出産し育児する。地球温暖化の影響で、北極圏の氷が減少し、冬季、アザラシを捕食することができなくなり、栄養不足から野生での個体数の減少が心配されている。寿命は20年~25年くらい。

 ワシントン条約附属書(※2)に該当。

(※2)国際取引に関する条約【ワシントン条約】

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

天王寺動物園等の概要

<所在地>

〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

<問合せ>

天王寺動物公園事務所  電話 06-6771-8401 ファックス 06-6772-4633

<最寄り駅>

各線「天王寺駅」「動物園前駅」「恵美須町駅」「新今宮駅」から徒歩約5から10分

【天王寺動物園】別ウィンドウで開く

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時まで)

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日

9時30分から18時(入園は17時まで)

<入園料>

大人500円  小中学生200円  未就学児無料

※障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(要公的証明書提示)

<休園日>

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

年末年始(12月29日から1月1日) 

※ただし、平成28年3月28日、4月4日は臨時開園

【慶沢園】

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時30分まで)

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日

9時30分から18時(入園は17時30分まで)

<入園料>

大人150円  小中学生80円  未就学児無料

※障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(要公的証明書提示)

<休園日>

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

年末年始(12月29日から1月1日) 

※ただし、平成28年3月28日、4月4日は臨時開園

【天王寺公園】別ウィンドウで開く

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時30分まで)

※平成27年10月1日に天王寺公園エントランスエリア「てんしば」別ウィンドウで開くがオープンしました

  開園時間は7時から22時まで

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日

9時30分から18時(入園は17時30分まで)

<入園料>

無料

<休園日>

無休

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市建設局公園緑化部天王寺動物公園事務所(管理担当)

住所: 〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1丁目108番(天王寺公園内)

電話: 06‐6771‐8404 ファックス: 06-6772-4633

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]