ページの先頭です

【終了しました】天王寺動物園で「どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~」を開催します【平成29年1月14日から3月26日】

2017年1月11日

ページ番号:386861

天王寺動物園で「どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~」を開催します【平成29年1月14日から3月26日】

 天王寺動物園では、平成29年1月14日(土曜日)から3月26日(日曜日)までの期間、「どうぶつとわたしたち~生物多様性ってなんだろう~」を開催します。

 「生物多様性」についてお子さまにも分かりやすく学んでいただけるよう、「どうぶつとわたしたちシート」を配布し、「自然や動物、人間が一緒に生きていくためには何ができるのか」を実際の動物を見ながら考えていただき、いろんな生き物たちが暮らし、つながりあっていることを実感していただく内容となっています。

 このイベントは、株式会社ベネッセコーポレーション、国際自然保護連合日本委員会(以下、「IUCN日本委員会」という。)と協力し初めて開催するものです。

 また、IUCN日本委員会が提唱する「想いでつなごう!おりがみアクション」に基づき、動物のおりがみを折っていただくことができます。

 さらに、平成28年9月18日(日曜日)から12月4日(日曜日)まで実施していた株式会社ベネッセコーポレーションとの共催イベント「どうぶつ発見シートを使って動物を観察しよう」(平成28年9月12日付け報道発表済)も好評につき、同時開催します。

概要

開催日:平成29年1月14日(土曜日)から3月26日(日曜日)までの期間の土曜日・日曜日・祝日に開催。

開催時間:9時30分から17時まで(各種シートの配布は16時まで)

対象:小学6年生以下のお子さまとその保護者の方

参加費:無料

内容:「どうぶつとわたしたちシート」を手に動物園内をまわり、「自然や動物、人間が一緒に生きていくためには何ができるのか」を実際の動物を見ながら考えていただけます。

また、「どうぶつとわたしたちシート」配布時にお知らせするゴール地点では、IUCN日本委員会が提唱する「想いでつなごう!おりがみアクション」に基づき、動物のおりがみを折っていただくことができます。

「どうぶつとわたしたちシート」配布場所:新世界ゲート及びてんしばゲート(「どうぶつ発見シート」もあわせて配布しています)

共催:株式会社ベネッセコーポレーション、IUCN日本委員会

協賛:中越パルプ工業株式会社


別ウィンドウで開く

どうぶつとわたしたちシート


別ウィンドウで開く

「想いでつなごう!おりがみアクション」のおりがみ

想いでつなごう!おりがみアクションとは…

 2011年(平成23年)から2020年(平成32年)は「生物多様性の10年」と国連が定めています。日本では、国連生物多様性の日本委員会が中心となり、生物多様性の主流化を促進する活動が進められています。ロゴは、『日本のいきもの』をかたどったおりがみを楕円形に、その中央に人類と国連生物多様性の10年の期間を配置することで、日本を起点に人といきもののつながりを維持、回復させ、自然と共生する世界の実現をめざす想いが表現されています。

 これに先駆けて2010年(平成22年)10月に名古屋で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)で、193か国により世界の約束「愛知ターゲット」が採択され、これを達成するためにIUCN日本委員会では、さまざまな立場の人々が生物多様性を守るためにできることを宣言する「にじゅうまるプロジェクト」を始動しました。

 今回のイベントはそのプロジェクトのもと、具体的な行動のひとつとして、ロゴのモチーフにもなっているおりがみを通じて一般市民が生物多様性を守るためにできることを考えるきっかけをつくる「おりがみアクション」という取組みです。

 おりがみアクションで使用するおりがみの一部は、中越パルプ工業株式会社より協賛頂いた生物多様性保全にも寄与する日本の竹100%でできた竹紙(たけがみ)のものです。


別ウィンドウで開く

国連生物多様性の10年日本委員会ロゴ

【同時開催】「どうぶつ発見シートを使って動物を観察しよう」

内容:「遊んで楽しむ」だけでなく、「遊んだあと学びになる」をコンセプトに、動物園での実体験が子どもたちの学びにつながるよう、見つけた動物を切り取って立ち上げることのできる「どうぶつ発見シート」を配布します。「事前の興味」から「体験する」、「振り返る」をサポートするキャンペーンとし、「どうぶつ発見シート」をもとに天王寺動物園内を巡っていただきます。

 また、「どうぶつ発見シート」配布時にお知らせするゴール地点では「どうぶつおりがみシート」を配布します。

共催:株式会社ベネッセコーポレーション


別ウィンドウで開く

どうぶつ発見シート

IUCN日本委員会とは

 IUCN日本委員会は、IUCN(国際自然保護連合)に加盟する日本の団体間の連携を高めることを目的に1980年(昭和55年)に設立されました。2016年(平成28年)現在、国家会員、政府機関会員それぞれ1団体と21のNGOで構成されています。

天王寺動物園等の概要

<所在地>〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

<問合せ>

天王寺動物公園事務所  電話 06-6771-8401 ファックス 06-6772-4633

<最寄り駅>

各線「天王寺駅」「動物園前駅」「恵美須町駅」「新今宮駅」から徒歩約5分から10分

【天王寺動物園】別ウィンドウで開く

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時まで)

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日・祝日

9時30分から18時(入園は17時まで)

<入園料>

大人500円  小中学生200円  未就学児無料

※障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(公的証明書の提示が必要です)

<休園日>

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

年末年始(12月29日から1月1日) 

【慶沢園】

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時30分まで)

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日・祝日

9時30分から18時(入園は17時30分まで)

<入園料>

大人150円  小中学生80円  未就学児無料

※障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(公的証明書の提示が必要です)

<休園日>

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

年末年始(12月29日から1月1日) 

【天王寺公園】別ウィンドウで開く

<開園時間>

7 時から22時

※平成27年10月1日に天王寺公園エントランスエリア「てんしば」別ウィンドウで開くがオープンしました

<入園料>

無料

<休園日>

無休


SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局公園緑化部天王寺動物公園事務所(管理担当)

住所:〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1丁目108番(天王寺公園内)

電話:06‐6771‐8404

ファックス:06-6772-4633

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示