ページの先頭です

淀川区の田川公園グラウンドで「こどもフリータイム」を試行実施します~公園でボール遊びをしよう!~

2017年3月28日

ページ番号:394895

淀川区の田川公園グラウンドで「こどもフリータイム」を試行実施について

 大阪市では、子どもたちが気軽にボール遊びをできる場所づくりを進めており、平成29年4月1日より淀川区の田川公園グラウンドにおいて、小学生以下の子どもたちが優先的に遊ぶことができる「こどもフリータイム」を試行的に実施します。

 実施にあたり、遊び方のルールを記載した看板を園内に設置します。

1 試行実施場所

2 試行実施期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日 平日の放課後から日没まで

3 公園内での遊び方のルールについて

 試行実施にあたっては、近隣にお住いの方と協議を行い、公園内での遊び方のルールを決定しました。ルールについては、次のとおりです。

  • みんなで、ゆずりあって遊ぶ。
  • 周囲に気をつけて、キケンのないように遊ぶ。
  • 小さなこどもたちには、十分注意して遊ぶ。
  • 大きな音をだして、近所に迷惑をかけないよう遊ぶ。
  • バットを使う時は、周りに気を付けて遊ぶ。
  • フェンスへのボール当てはダメ。
  • 野球の硬球の使用はダメ。

4 看板について

 公園内で遊び方のルールを周知するため、園内に看板を設置します。

 当該看板については、学校法人創造社学園 創造社デザイン専門学校のご協力をいただき、複数のデザイン案をご提供いただきました。

今回の取組みにあたっては当専門学校の在学生である大道礼子さんの作成したデザインを採用させていただいております。


田川公園グラウンド設置看板
デザイン協力:学校法人創造社学園 創造社デザイン専門学校 大道礼子さん

参考:子どもたちがボール遊びができる場所を確保する取組みについて

 大阪市では、小学校のグラウンドや公園などで、小学生以下の子どもたちが気軽にボール遊びをできる場所の確保に向けて取組みを進めています。

 そこで、都市公園を所管する建設局においては、平成26年9月より東淀川区内の一部の公園で、柔らかいボールを利用して子どもたちがボール遊びをできることとする取組み(フェンスのある広場においては軟球も可)の試行実施を行っています。

 現在、試行実施の全市的な拡大をめざして、区役所と連携のうえ、「子どもたちにボール遊びをさせてあげたいという地域のニーズ」や「個々の公園施設や周辺状況」を考慮し、現在、原則禁止となっている公園でのボール遊びを認めていくことを検討しています。

 また、球技を前提につくられたフェンスのある多目的広場については、子どもたちのための時間枠を特別に設けることを検討しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局公園緑化部調整課運営担当

住所:〒553-0005 大阪市福島区野田1丁目1番86号 中央卸売市場本場業務管理棟6階

電話:06-6469-3816

ファックス:06-6469-3895

メール送信フォーム