ページの先頭です

アジアゾウの「ユリ子」の骨格標本がメガ恐竜展2017に登場!ニワトリのマサヒロも広報大使に就任します!!

2017年7月10日

ページ番号:405460

 天王寺動物園で飼育していたアジアゾウのユリ子の骨格標本が、「メガ恐竜展2017 -巨大化の謎にせまる-」に初お目見えします。

 アジアゾウのユリ子は推定1948年(昭和23年)生まれで、1950年(昭和25年)6月5日にタイから天王寺動物園にやって来ました。2000年(平成12年)5月19日に52歳(推定)で亡くなるまで、たくさんの人気を集めていました。死亡後は、貴重な資料とするため骨格標本にし、園内で大切に保存されていました。

 今回のメガ恐竜展では、生き物の「巨大化」がメインテーマとなっており、現存する陸上動物で最大の動物であるゾウを代表して、当園で飼育していたアジアゾウのユリ子の骨格標本が展示されることになりました。ユリ子の全身の骨格標本が展示されるのは今回初めてとなります。

 また、恐竜の進化した姿が鳥と考えられていることから、天王寺動物園の人気者、ニワトリのマサヒロが広報大使に任命されます。期間中には、マサヒロの出張や天王寺動物園の飼育員や獣医師による講話が実施されます。

昭和25年に来園した当時のユリ子の写真

昭和25年に来園した当時のユリ子(左)

マサヒロ出張日

  • 平成29年7月25日(火曜日)10時から12時 「広報大使」任命式・記念撮影
  • 平成29年8月30日(水曜日) ※飼育員と獣医師の講話に合わせて登場

※動物の体調等により、変更・中止となる場合があります。

飼育員と獣医師の講話

平成29年8月30日(水曜日)

  • 第1回 11時から
  • 第2回 13時から
  • 第3回 15時から

メガ恐竜展2017 -巨大化の謎にせまる-

史上最大級の陸上動物トゥリアサウルスの復元骨格ほか200点以上を展示!

天王寺動物園等の概要

天王寺動物園公式インスタグラム別ウィンドウで開く始めました!

<所在地>〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

<問合せ>

天王寺動物公園事務所  電話 06-6771-8401 ファックス 06-6772-4633

<最寄り駅>

各線「天王寺駅」「動物園前駅」「恵美須町駅」「新今宮駅」から徒歩約5分から10分

【天王寺動物園】

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時まで)

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日・祝日

9時30分から18時(入園は17時まで)

<入園料>

大人500円  小中学生200円  未就学児無料

※障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(公的証明書の提示が必要です)

<休園日>

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

年末年始(12月29日から1月1日) 

【慶沢園】

<開園時間>

9時30分から17時(入園は16時30分まで)

<開園時間延長・夜間開園>

5月・9月の土曜日・日曜日・祝日

9時30分から18時(入園は17時30分まで)

<入園料>

大人150円  小中学生80円  未就学児無料

※障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(公的証明書の提示が必要です)

<休園日>

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

年末年始(12月29日から1月1日)

【天王寺公園】別ウィンドウで開く

<開園時間>

7 時から22時

※平成27年10月1日に天王寺公園エントランスエリア「てんしば」別ウィンドウで開くがオープンしました

<入園料>

無料

<休園日>

無休

探している情報が見つからない