ページの先頭です

雷や竜巻から身を守るために

2012年8月21日

ページ番号:181403

雷から身を守るために

雷鳴が聞こえるなど雷雲が近づく様子があるときは、落雷が差し迫っています。速やかに安全な場所へ避難することが、雷から身を守るために有効です。

  ◇雷に遭遇した場合は安全な空間へ避難しましょう。
     鉄筋コンクリート建築、自動車(オープンカーは不可)、バス、列車の内部は比較的安全な空間です。

  ◇高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2メートル以上は離れてください。

気象庁ホームページ別ウィンドウで開く

竜巻から身を守るために

竜巻に遭遇した人からは次のよう声を聞きます。このような場合には、あなたの身に危険が迫っています。

  ◇ 雲の底から地上に伸びる漏斗状の雲を見た。
  ◇ 飛散物が筒状に舞い上がるのを見た。
  ◇ ゴーという音がしたのでいつもと違うと感じた。
  ◇ 気圧の変化で耳に異常を感じた。

気象庁ホームページ別ウィンドウで開く

 

パンフレット「竜巻から身を守る~竜巻注意情報~」(平成26年4月 気象庁作成)を気象庁のホームページからダウンロードできます。

気象庁ホームページ別ウィンドウで開く


 

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 危機管理室 

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7388

ファックス:06-6202-3776

メール送信フォーム