ページの先頭です

南海トラフ地震・津波対策としての地下街、地下駅等の地下施設における浸水防止対策の推進についての要望

2014年1月17日

ページ番号:248879

 大阪市は、平成25年12月19日及び24日に、内閣府、国土交通省、総務省に対して、「南海トラフ地震・津波対策としての地下街、地下駅等の地下施設における浸水防止対策の推進についての要望」を行いました。

 大阪市は、南海トラフ巨大地震に伴う津波等に対する、地下街、地下駅等における人的・物的被害発生防止の観点から、津波襲来までの限られた時間内で地下に滞留する利用者を確実に避難させ、さらに重要設備を浸水被害から防護できるよう、設備面の対策も含めた防災対策を一刻も早く進める必要があります。

 大阪市には、多数の地下街、地下駅のほか、大規模な商業施設などが多く存在しており、民間施設においては、止水パネルの設置など浸水対策のための整備が大きな負担となっており、地下街、地下駅等における浸水対策を促進させるためには、国などの公的支援が必要不可欠となっております。

 こうしたことから、地下街、地下駅等の地下施設の浸水対策を進め、市民、利用者の安心・安全を確保するため、国に要望書を提出しました。

(要望内容)

1.地下街、地下駅等の地下施設への浸水防止のために、止水扉の新設、既設扉の自動化等の改良や止水板の更新・新設、止水板保管庫の設置などの施設・設備の整備に対する補助制度の新設を行うこと。

2.地下街、地下駅等における、避難誘導のための放送設備や避難誘導サインなどの新設・更新に対する補助制度の新設を行うこと。

南海トラフ地震・津波対策としての地下街、地下駅等の地下施設における浸水防止対策の推進についての要望

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 危機管理室 

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7388

ファックス:06-6202-3776

メール送信フォーム