ページの先頭です
メニューの終端です。

南扇町4番街区等「扇町用地」の活用について

2017年6月16日

ページ番号:401574

大阪市北区役所では、区内にある水道局所有の「扇町用地」の活用について、北区役所と水道局の協議内容や扇町周辺エリアにおける現状と課題、北区役所としての意見をまとめました。

「扇町用地」の活用検討の経緯

水道局所有の南扇町4番街区等の「扇町用地」は、市としての基本的な考え方(用地の南北一体で活用すること、まちづくりに資すること、民間による開発を基本とすること【平成228月の政策会議にて】)のもと、本市関係部局との協議内容および水道局が平成2710月に実施したマーケット・サウンディング(市場調査)の提案内容を踏まえ、「扇町用地活用方針検討会議(4回開催平成28年6月~平成29年2月)」にて、活用を検討しており、北区役所も参加しています。

「扇町用地活用方針検討会議」では、外部有識者の意見も取り入れながら、「扇町用地」の活用にむけて、活用コンセプトや活用条件を整理しました。

北区役所では、まちづくりの観点を踏まえ、扇町用地の「地域の賑わい創出・まちの活性化」にむけて、扇町用地に誘致する施設と、既存の施設・機能が十分に連携を図りつつ、地元や商店会と共に、地域の賑わい創出・まちの活性化・防災面での取組を進める仕組みづくりについて、土地所管局の水道局と協議しています。

「扇町用地活用方針検討会議」における議論の内容については、水道局ホームページをご覧ください。

北区の現状と課題

 「扇町用地」の周辺エリアにおいては、大阪天満宮あたりから南北方向に天神橋筋商店街が門前町として発展してきた歴史があり、近年は上方落語の定席である天満天神繁昌亭がオープンするなど大阪文化発信の復興拠点として注目が集まっているものの、かつての賑わいが戻ったとは言い難く、商店街活性化のためには南北方向の人の流れを活性化させる必要がある。

 また、扇町用地から扇町通を 隔てた北側には、扇町公園、北区役所、区民センター、広域放送網、病院、学校等の施設が集積されており、大規模災害時に重要な役割を担う地域であるとともに、市内中心部から徒歩圏内にある扇町周辺エリアに東西方向の流れを生み出し、これらの施設と連携した賑わい創出に取り組む必要がある。

【概要図】

扇町用地の概要を図で示したもの

北区役所としての意見(北区東部エリアの賑わい創出へのビジョン)

 北区役所では、北区東部エリアにおいて扇町用地の活用を前提に、地域の声などに基づき「賑わい創出・まちの活性化・防災対策」に向けた取り組みを検討している。

  • 北区は新築マンションの建設計画が多く、人口増加とともに扇町用地が属している扇町小学校区でも定数の上限に迫っていることから、マンションとして開発することは避ける。
  • 北区内はもとより、区外からも人が集まり、地域の賑わいを創出する拠点とするとともに、ウメキタ、中之島とは違った色を持ちながら区内外周辺地域との結節点となり、地元商店街等を含むエリアの中心としたい。
  • 多世代、多様な人たちが交流できる施設を誘致することで、地域コミュニティの醸成効果も期待できる。
  • 扇町周辺は、かつての扇町ミュージアムスクエア等の芸能、音楽等の発信地としての歴史があり、ここに劇場・ホールを含む施設を誘致できれば、賑わい創出はもとより、発信地としての歴史の継承につながる。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 総務課政策企画担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム