ページの先頭です

養育費の確保・面会交流について(ひとり親家庭支援)

2018年10月23日

ページ番号:392591

養育費・面会交流について

こどもの健やかな成長のために ~養育費や面会交流について知っておくべきこと~

 こどもたちにとって、両親の離婚はとても大きな出来事です。

 こどもたちがこれを乗り越え、安心して暮らし、健やかに成長していけるよう、離婚をするときに親としてあらかじめ話し合っておくべきことに、「養育費」と「面会交流」があります。

「養育費」の取り決めは忘れずに ~養育費の受け取りはこどもの重要な権利です~

養育費とは

 養育費とは、こどもの監護(監督・保護)や教育のために必要な費用のことをいいます。

 一般的には、こどもが自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります。

 養育費の支払義務(扶養義務)は、父母の生活に余力がなくても自分と同じ水準の生活を保障する必要があります。

 養育費は、こどものためのものですから、離婚時にきちんと取り決めておくことがとても大切です。

養育費を取り決めしたあとに、きちんと支払ってもらうために(公正証書について)

 養育費の支払いについて話がまとまった場合は書面にしておきましょう。できれば、公正証書を作成しておくことをお勧めします。

公正証書とは?
 法律の専門家である公証人が作成する公文書です。
公正証書を作成するメリットは?
 相手が約束を守らない場合は裁判所の判決と同様に強制執行ができます(強制執行認諾条項(強制執行を受けることを承知する旨の文書)をつけておく必要があります)。
公正証書を作成するには?
 公証役場に当事者(父と母)が出向きます。公証役場は大阪市内に6ヶ所あり、どこでも利用できます。
本人が行かなければいけませんか?
 養育費や慰謝料、財産分与など金銭を支払う契約の公正証書は本人の委任状を持った代理人でも手続きができます。ただし、身分に関する行為(離婚、認知、養子縁組することなど)についての取決めは本人でないとできません。また、当事者双方の代理を一人ですることはできません。
作成の費用は?
 手数料は目的価格(取り決める金額)等により定められています。例えば、毎月4万円の養育費を10年間支払うことを取り決める場合の手数料は11,000円です。
どういった内容を決めなければならないか?

 公正証書は当事者の合意の内容を記載して作成するものなので、合意ができていなければ作成はできません。合意する内容については、養育費の金額、支払時期(毎月など)、支払期間などを決めておきましょう。


 (参考)子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A(法務省作成) 

 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00194.html別ウィンドウで開く

日本公証人連合会(公正証書について)

 詳しくは、ホームページをご覧ください。

 http://www.koshonin.gr.jp/index2.html別ウィンドウで開く ※公正証書の作成になどに準備する資料・手数料の情報があります。

面会交流の取り決めも大事です ~こどもにとって両親はともにかけがえのない存在です~

面会交流とは

 「面会交流」とは、こどもと離れて暮らしているお父さんやお母さんがこどもと定期的、継続的に会って話をしたり、一緒に遊んだり、電話や手紙などの方法で交流することをいいます。

 こどもは面会交流を通して、どちらの親からも愛されている、大切にされていると感じることで、安心感や自信をもつことができ、それはこどもが生きていく上で大きな力となります。
 
 面会交流の方法や時期、回数などについては、こどもが安心して面会交流を楽しめるように、こどもの年齢や健康状態、生活状況等を考えながら無理のないよう決めることが大切です。

 面会交流の取り決めは、書面に残しておくようにしましょう。

養育費のことなどでお困りのときは、最寄りの区役所で専門家に相談してみませんか

 大阪市では各区役所において、ひとり親の方(離婚予定の方も含む)を対象とした相談窓口を開設しています。

「離婚・養育費」に関する無料専門相談

 弁護士が法律的な知識を要する問題の相談に応じ、アドバイスを行います。

 各区での相談窓口開設日など詳細は、こちらでご確認ください。

主な相談窓口

養育費パンフレット

こどもの健やかな成長のために(養育費について知っておくべきこと)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部こども家庭課ひとり親等支援グループ、要保護児童グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8034

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示