ページの先頭です

【平成30年4月1日~平成31年3月31日】大阪市こども相談センター生活支援相談員(非常勤嘱託職員)採用候補者の募集について(こども青少年局こども相談センター)

2018年1月9日

ページ番号:421803

大阪市では、次のとおり大阪市こども相談センターで勤務する生活支援相談員(非常勤嘱託職員)の採用候補者登録試験を次のとおり実施します。

1 登録職種

大阪市こども相談センター 生活支援相談員

2 採用人数

2名

(この試験の合格者は「大阪市こども相談センター生活支援相談員(非常勤嘱託職員)採用候補者名簿」〔以下「採用候補者名簿」という〕に登録されます。)

3 任用期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

  •  非常勤嘱託職員の任用期間は1年以内とする。
  •  任用期間の更新については、市長が必要と認める場合に限り、その任用期間を更新することがある。

4 受験資格

受験日現在で、次のいずれかに該当する者

  •  児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和23年厚生省令第63号)第43条に定める児童指導員の資格を有する者
  •  自立支援に対する理解があり、大阪市こども相談センター所長が適当と認めた者

【児童福祉施設の設備及び運営に関する基準】(抜粋)

第四十三条 児童指導員は、次の各号のいずれかに該当する者でなければならない。

  1. 都道府県知事の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校その他の養成施設を卒業した者
  2. 社会福祉士の資格を有する者
  3. 精神保健福祉士の資格を有する者
  4. 学校教育法の規定による大学の学部で、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
  5. 学校教育法の規定による大学の学部で、社会福祉学、心理学、教育学又は社会学に関する科目の単位を優秀な成績で修得したことにより、同法第百二条第二項の規定により大学院への入学を認められた者
  6. 学校教育法の規定による大学院において、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学を専攻する研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者
  7. 外国の大学において、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれら に相当する課程を修めて卒業した者
  8. 学校教育法の規定による高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第九十条第二項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による十二年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者であつて、二年以上児童福祉事業に従事したもの
  9. 学校教育法の規定により、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校又は中等教育学校の教諭となる資格を有する者であつて、都道府県知事が適当と認めたもの
  10. 三年以上児童福祉事業に従事した者であつて、都道府県知事が適当と認めたもの

2 前項第一号の指定は、児童福祉法施行規則(昭和二十三年厚生省令第十一号)別表に定める教育内容に適合する学校又は施設について行うものとする。

 

 

  • 地方公務員法第16条各号に該当しない者
  • 日本国籍を有しない者も受験できます。ただし、採用日において、法令により永住が認められていない者は採用できません。

 

地方公務員法 第16条(抜粋)

  • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

5 試験日・場所

1 試験日

平成30年2月24日(土曜日) 午前9時30分集合

  •  詳細については、後日送付する受験票にて確認してください。

2 場所

大阪市こども相談センター (所在地:大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5

交通機関 地下鉄 中央線・長堀鶴見緑地線 森ノ宮駅下車約3分(2号または7号出口)

       JR環状線 森ノ宮駅下車約3分

  •  試験当日の出入り口は、同センター正面入口(東側)のみとなりますのでご注意ください。

6 選考方法(試験の方法・解答形式等)

1 筆記試験

  • 論文等
  • 1時間    

2 面接試験

20分程度

3 合格者の決定方法

筆記試験及び面接試験の合計得点により決定され、合計得点が一定点数以上の者を合格者とします。ただし、筆記試験及び面接試験のいずれかが一定の基準に達していない場合は不合格とします。

4 試験結果

試験の結果については、平成30年3月初旬に本人あて合否通知を発送します。

7 申込方法

1 受付期日

平成30年1月9日(火曜日)から平成30年2月13日(火曜日)まで 《2月13日午後5時30分必着》

2 提出書類

  • 登録試験申込書(別添、大阪市こども相談センター非常勤嘱託職員採用候補者登録試験申込書を使用してください。)             

    三か月以内に撮影した写真を必ず貼付してください。

    電話番号は昼間に連絡がとれる番号を記入してください。

  • 資格の確認ができる書類(コピー)1通 

    有資格者のみ

  • 返信用封筒(受験票送付用)

    宛て先を明記し、82円切手を貼付してください。

    返信用封筒は定型封筒(長形3号)を使用してください。

3 提出方法

 提出書類一式(登録試験申込書・資格の確認ができる書類・返信用封筒)を封筒(定形外封筒角形2号を使用してください。)に入れ、必ず簡易書留等にて送付してください(提出書類の持ち込みは受け付けません)。簡易書留等以外の方法により送付された場合の事故については責任を負いません。また、料金不足の場合は、受け付けません。

 

  

4 提出先

  • 宛て先 

〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1丁目17番5号

  • 宛て名 

大阪市こども相談センター運営担当

  

  •  「大阪市こども相談センター生活支援相談員(非常勤嘱託職員)採用候補者登録試験申込書在中」と朱書きで明記してください。
  •  後日、受験資格がないこと及び申込みの内容に虚偽が認められた場合には、合格(登録)を取り消すことがあります。

5 受験票の交付

受験票は、受験資格等を審査のうえ、平成30年2月20日(火曜日)までに到着するよう発送する予定です。2月20日(火曜日)までに受験票が届かない場合には、2月21日(水曜日)までに、大阪市こども相談センター運営担当まで必ずご連絡ください。

8 合格から採用まで

  1. 合格者は、「採用候補者名簿」に成績順で登録され、その登録順に基づき任用します。採用決定(登録)するにあたり、当該名簿登録された採用候補者に事前に連絡を行いますが、本人の都合により辞退された場合には、候補者名簿順位の最後尾に再登録となります。
    当該名簿の登録期間は、名簿登録から平成31年3月31日までとなりますが、名簿に登録されても採用されない場合があります。
  2. 合格後、あるいは「採用候補者名簿」に登録後、受験資格がないことあるいは申込みの内容に虚偽が認められた場合には、合格及び登録を取り消しします。

9 業務内容

大阪市こども相談センターにおいて、次の業務を行う。

  • 里親に委託されている者で自立に向けた援助が必要な者(概ね18歳から22歳)に対し、社会的スキルの向上のために必要な支援および大学等の将来の進路の選択や就職活動等に関する問題等について相談に応じ、適切な専門機関の活用などの必要な支援。
  • スタート資金貸付の適否にかかる調査。
  • スタート資金申請にかかる業務及び利用にかかる継続的支援。
  • 委託解除前において地域生活を始める上で必要な知識、社会常識等を学ぶためのテキストを作成し、講習会、生活技能等を修得するための支援。
  • 退所を控えた者が抱える自立生活への不安や悩み等の相談に応じる。
  • 進路選択時点において適切な情報提供を行い、相談に応じる。
  • 対象者が気軽に集まる場を提供し、意見交換や情報交換、情報発信等自助グループ活動の育成のための支援。
  • 施設退所児童等自立支援コーディネーターと連携し、里親委託児童の自立支援計画を策定。
  • 自立支援計画に基づいた相談業務全般。

10 勤務条件等

1 勤務場所

大阪市こども相談センター

2 勤務日数・勤務時間・休日・休憩時間

  • 勤務日数

   月曜日から金曜日までのうち、週4日の勤務日(祝日・年末年始を除く)

  • 勤務時間

   午前9時15分から午後5時30分まで

  • 休日

   日曜日・祝日・年末年始、及び土曜日

  • 休憩時間

   一日 45分間

3 給与

 月額180,000円(予定)

4 通勤手当

一か月あたり55,000円までを支給します。

  • 実績(回数券等利用)の合計金額もしくは一か月の定期代の安価な方を翌月に支給。

5 社会保険

健康保険(介護保険)、厚生年金、雇用保険、労災保険

6 休暇

年次有給休暇、特別休暇(付与日数規定あり)

  • 詳細については、採用決定後にお知らせします。

11 備考

  1. 車いすを使用されているなど、身体等の事情により、試験会場等に配慮を必要とする方は、申込みの際にお知らせください。
  2. この試験において提出された書類等は、受付後返却はしません。
  3. 合否結果については、受験者本人以外にはお知らせしません。
  4. 合否に関するお電話等でのお問い合わせには応じません。
  5. 受験に際して大阪市が収集した個人情報は、職員採用試験の円滑な遂行のために用い、大阪市個人情報保護条例に基づき適正に管理します。
  6. 本採用は、平成30年度予算の発効をもって有効とします。

実施要綱及び提出書類

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Excel Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
xlsファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局こども相談センター 

住所:〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1丁目17番5号

電話:06-4301-3100

ファックス:06-6944-2060

メール送信フォーム