ページの先頭です

【平成30年7月1日から平成31年3月31日】ひとり親家庭サポーター(大阪市非常勤嘱託職員)の募集について(こども青少年局こども家庭課)

2018年5月16日

ページ番号:434844

大阪市では、次の要領でひとり親家庭サポーター任用選考試験を実施します。

ひとり親家庭サポーター(大阪市非常勤嘱託職員)任用選考試験実施要項

公募内容

任用予定人数

1名程度

勤務場所及び業務内容

各区保健福祉センター保健福祉課福祉業務担当及び大阪市こども青少年局子育て支援部こども家庭課に勤務し、各区及び市内に居住するひとり親家庭及び寡婦等を対象に次の1.から10.の業務を行う。大阪市こども青少年局子育て支援部こども家庭課に勤務した場合は、1.から6.の業務については、相談者と日時や場所を調整のうえ、訪問により相談を実施する。

  1. 離婚前の相談
  2. 就業相談
  3. ひとり親家庭自立支援給付金の相談・申請受理
  4. 高等学校卒業程度認定試験合格支援事業の相談・申請受理
  5. ひとり親家庭専門学校等受験対策事業の相談・申請受理
  6. 個別面接の実施
  7. 自立支援プログラムの策定
  8. 生活保護受給者等就労自立促進事業の活用に伴う業務
  9. 関係機関等との連絡調整
  10. その他、各区保健福祉センター福祉業務主管課長またはこども青少年局こども家庭課長の特命に関する事項

任用期間

 平成30年7月1日から平成31年3月31日まで

  ※ただし、本市が必要とする場合、更新(年度ごとに)を行うことがあります。

応募資格

受験日現在で次の1.から4.のいずれかに該当し、かつ地方公務員法第16条各号(「地方公務員法第16条(抜粋)」参照)に該当しない者

  1. 国家検定 キャリア・コンサルティング技能検定 合格者
  2. 国家資格 キャリアコンサルタント 取得者
  3. 平成28年3月以前に、厚生労働省指定のキャリア形成促進助成金の対象となるキャリア・コンサルタント能力評価試験に合格し、キャリア・コンサルタント等職業相談に関する資格を有する者
  4. 前号に準ずる者であって、ひとり親家庭サポーターとして必要な知識経験を有する者

勤務条件

勤務場所

こども青少年局子育て支援部こども家庭課及び市内24区のうち担当する区の保健福祉センター(場所は未定)

※保健福祉センターでの勤務を指定しない場合もあります

勤務日数

週30時間以内の勤務時間で週4日又は週5日の勤務日

勤務時間

火曜日から土曜日のうち週4日の午前9時15分から午後5時30分又は午前10時45分から午後7時を基本とするが、業務の都合上によりやむを得ず、週5日勤務となる場合は、1日に8時間、1週間に30時間を超えない範囲で基本の勤務時間を調整する。

休日

日・月曜日、週4日勤務の場合は所属長が指定する1日、祝日、12月29日から翌年1月3日までの間

報酬

月額180,000円(別途、交通費は実費弁償、ただし上限あり)

社会保険

健康保険、厚生年金、雇用保険

年次休暇

別途規定に基づき付与

選考方法

  1. 小論文          40分
  2. 面接            10分程度
  3. 合格者の決定方法   小論文、面接及び専門的業務の従事経験の合計得点により決定され、合計得点が一定点数以上の者のうちから成績上位者を合格者とします。なお、補欠合格者は、合格者が採用を辞退した場合において、繰り上げ合格として採用することがあります(この場合、担当者から履歴書に記載のあった電話番号に直接連絡します。)。

試験日・会場

試験日

平成30年6月12日 火曜日

会場

母子・父子福祉センター「大阪市立愛光会館」 5階集会室

 大阪市北区中津1-4-10

 (Osaka Metro御堂筋線「中津」駅5番出口西へ150m)

※詳細は、受付期間終了後に送付する受験票をご確認ください。

  なお、6月10日 日曜日までに受験票が届かない場合は、こども青少年局子育て支援部こども家庭課までご連絡ください。

応募方法について

受付期間

平成30年6月5日 火曜日まで《6月5日必着》

※応募状況によっては、受付期間を延長する場合があります。詳しくは、こども家庭課(電話:06-6208-8034)までお問合せください。

提出書類

  1. 履歴書(写真付き)及び職務経歴書 ※電話番号は、昼間に連絡がとれる番号を記入してください。 ※様式不問
  2. キャリア・コンサルタント等資格証明書等の写し ※(ア)当初資格取得日 (イ)受験日現在もその資格が継続していること (ア)・(イ)両方がわかるものを提出してください。
  3. 住所・氏名を記入した返信用はがき(受験票として使用します。)

提出方法

提出書類一式(履歴書及び職務経歴書、キャリア・コンサルタント等資格証明書(写)、返信用はがき)を封筒に入れ、必ず簡易書留等にて送付してください。簡易書留等以外の方法により送付された場合の事故については責任を負いません。

提出先及び問合せ先

〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

大阪市こども青少年局こども家庭課

電話:06-6208-8034

※「大阪市ひとり親家庭サポーター任用選考試験提出書類在中」と朱書きで明記してください

合否の通知

平成30年6月20日頃までに全ての受験者本人あて書面にて通知します。

ただし、合格者が採用を辞退した場合において、繰り上げ合格として採用することがあります。(この場合、担当者から履歴書に記載のあった電話番号に直接連絡します。)

合格者は、採用前までに健康診断書を大阪市こども青少年局こども家庭課まで送付していただきます。(採用までの具体的な日程は試験会場にてお知らせします。)

備考

  1. 応募書類の内容に虚偽があった場合は、任用を取り消すことがあります。
  2. 応募書類は、受付後は返却しません。
  3. 受験に際して大阪市が収集した個人情報は、任用選考試験の円滑な遂行のために用い、大阪市個人情報保護条例に基づき適正に管理します。

 地方公務員法第16条各号(抜粋)

 1 成年被後見人又は被保佐人

 2 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

 3 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

 4 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者

 5 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

試験会場 大阪市立愛光会館

  住所:大阪市北区中津1-4-10(電話:06-6371-7146

  Osaka Metro御堂筋線「中津」駅5番出口を西へ約150メートル

  阪急電車神戸線・宝塚線「中津」駅を北へ約300メートル

  大阪シティバス「地下鉄中津」停留所を西へ約300メートル

  ※駐車場はありませんので、上記交通機関をご利用ください。

履歴書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

ひとり親家庭サポーター(大阪市非常勤嘱託職員)任用選考試験実施要項

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

参考 ひとり親家庭サポーターの業務内容

離婚前の相談

婚姻中や事実婚の女性または男性から、母子家庭または父子家庭のための制度等の問い合わせや離婚後の不安などの相談に応じ、母子家庭または父子家庭になった後の自立支援を効果的なものとする。

就業相談

ひとり親家庭等からの就職、転職、技能修得等、就業にかかわる様々な相談に応じ、就職情報の提供や就職活動の支援等を行う。具体的には、

  1. 求職相談に応じ、求職の方法・意識・心構え等について助言を行う。
  2. 相談者に応じた求人情報を収集・提供を行う。
  3. 履歴書の書き方・面接の受け方・ハローワークやひとり親家庭等就業・自立支援センター等の活用方法についての助言など就業活動への支援を行う。
  4. ハローワークや企業面接など求職活動に同行する。

また、就業相談の一環として、ひとり親家庭等の身近な相談機関として生活相談等にも応じる。

ひとり親家庭自立支援給付金の相談・申請受理

ひとり親家庭自立支援給付金であるひとり親家庭自立支援教育訓練給付金及びひとり親家庭高等職業訓練促進給付金の事前相談・申請を受理し、こども青少年局へ送付する。

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業の相談・申請受理

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業の事前相談・申請を受理し、こども青少年局へ送付する。

ひとり親家庭専門学校等受験対策事業の相談・申請受理

ひとり親家庭専門学校等受験対策事業の事前相談・申請を受理し、こども青少年局へ送付する。

個別面接の実施

児童扶養手当受給者等のうち、自立・就労に意欲のある者に対し継続的な個別面接を実施する。

自立支援プログラムの策定

自立・就業に向けた阻害要因等を把握することにより、自立目標や支援内容を設定し、これらを記載した自立支援プログラムを策定する。

生活保護受給者等就労自立促進事業の活用に伴う業務

  • 公共職業安定所との連携による生活保護受給者等就労自立促進事業に移行することが望ましいと考えられる相談者(以下「支援対象者」という。)への説明や意向確認とともに、事前に相談・調整の上、ハローワークあての要請書等を策定する。
  • 就労支援メニュー選定チームの構成員として、公共職業安定所事業担当責任者及び公共職業安定所担当ナビゲーターとともに、支援対象者に対し面接を実施。面接終了後、就労支援メニュー選定チームの一員としてメニュー選定ケース会議を実施し、支援対象者に最も適した支援メニューを選定する。

関係機関等との連絡調整

関係機関及び関係窓口等との連絡調整を行うとともに、相談者への説明や情報提供を実施する。

その他

各区保健福祉センター福祉業務主管課長またはこども青少年局子育て支援部こども家庭課長の特命に関する事項

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部こども家庭課ひとり親等支援グループ、要保護児童グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8034

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示