ページの先頭です

みんなでつくる学習会~企画・運営にチャレンジ~

2017年4月17日

ページ番号:211852

はじめに

 PTAをはじめとする社会教育関係団体やさまざまな市民グループなどが、学習会を企画・運営する際の手引きとして作成しています。

 はじめて団体やグループで学習会の担当となった方や、今まで学習会を企画していてもなかなか思うようにいかなかった方、学習会企画のベテランの方など、さまざまな方々の参考になれば幸いです。

1.学習会の作り方

学習会を開こうとしても、やってみるとなかなかたいへん。こんな悩みを抱えていませんか?

  • 人集めがたいへん。参加者は、いつも限られた人ばかり・・・
  • 限られた予算でできることは何だろう?
  • やってはみたものの、手ごたえや効果がいまひとつ・・・
  • もっと気軽で楽しい学習会にできたらいいのに
  • いつも同じような内容になってしまう・・・

学習会の企画・運営にチャレンジ!!

 学習会を開こうと思っても、誰に相談すればいいのか、何から考えていけばいいのか、困ることがいっぱいあります。でも学習会をやってみると、いろいろな新しい発見や多くの人とのつながりもできて、「やってよかった!」と思うことが多くあります。

 身近なところを入口に、学びあう場をつくることから、始めてみましょう。

 

学習会を企画するときの基本的な流れについて以下のファイルをご覧ください

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

2.人権に関するテーマ

 あなたのすぐ近くにある人権に関する課題に気づいていますか?

 今、私たちの暮らしている社会では人権や障がい、高齢者、男女共同参画、子どもをめぐる問題など、さまざまな課題があります。見落としてしまいそうな小さな出来事の中にも、そのかげに重大な問題が見えかくれしているかもしれません。

心にバリアを築いてしまうことで、そうした問題に目を向けることができなくなっているとしたら・・・。

現実を見つめ、もっと日常生活に密着したさまざまな人権に関する課題について考えてみませんか。

 このような課題には、私たち一人だけでは、対応はとてもむずかしいものです。

 しかし、同じように考えている人たちと学習会を行うことで、仲間も増え、少しずつでも自分たちが住んでいるまちをよくするために、学んだ知識を活かすことができるようになっていきます。

 学習会を開催するためには、人権の視点がとても大切です。それは人権課題を学習するときばかりではなく、学習会を企画・運営するときも欠かすことができません。

 

「大阪市人権行政推進計画~人権ナビゲーション~」:大阪市市民局へリンク

 

識字・日本語学習の支援別ウィンドウで開く:おおさか識字・日本語センターへリンク

 

3.大阪市の取り組みなど

学習会で活用できるさまざまなとりくみを紹介します。ぜひ、活用してみてください。

(1)大阪市出前講座

  大阪市職員が、地域のみなさま10人以上で構成された団体・グループを対象に、ご用意いただいた場所へ講師としてお伺いするものです。大阪市の取り組みや暮らしに役立つ知識・情報などを説明し、市民のみなさんにとって必要な課題やテーマについて学習する機会を提供することを目的としています。市民のみなさまのご利用をお待ちしています。

 

(2)大阪市生涯学習インストラクターバンク

   大阪市生涯学習インストラクターバンクに登録された市民ボランティア講師を、市民グループ、サークル、団体等にその要望に応じて紹介しています。語学・歴史・福祉・防災・文学・趣味・スポーツ・ダンスなど、245科目472人(平成24年度)が登録しています。主な条件、手続きは次の通りです。

利用できるグループ、サークル、団体と活動

  1. 原則として、大阪市内に活動の拠点を置くグループ、サークル、団体。
  2. 営利・宗教・政治活動を目的としない学習会を開催する場合。
  3. 参加者が一回につき5名以上見込める場合。

手続きの概要

   希望事項をインストラクターバンク事務局にご連絡いただき、それに応じて紹介します。日時・内容などは紹介後、個々の講師と直接打ち合わせをしてください。

講師に対する謝礼

   講師謝礼は1回2時間をめやすに5,000円(交通費等一切を含む)を上限として、依頼した講師に直接支払ってください。

 その他詳細は、生涯学習インストラクターバンク事務局(総合生涯学習センター内 

    電話番号:06-6345-5004 FAX:06-6345-5019)までお問い合わせください。

 

(3)大阪市視聴覚ライブラリー

  学校・保育所・社会教育関係団体などが実施する映像教材を利用した教育・学習活動を支援するために、16ミリフィルム並びにビデオ教材の貸出を行っています。

 

(4)人権啓発資料・教材

 人権に関するさまざまな課題について、市民の方々にわかりやすく解説し、ご理解いただくとともに、学習会などで活用いただくよう、啓発資料や教材を作成しています。ぜひご活用ください。

  1. 人権学習教材
  2. 人権啓発に関する資料・人権啓発の取り組み  
  3. 男女共同参画に関する資料  
  4. 多文化共生に関する資料

  

 

(5)人権に関する法律・条例など

 

  近年施行された人権に関する法律・条例などをご紹介します。

 

  条約・法令など:大阪市市民局へリンク

 

   条例・方針・指針・計画:大阪市市民局へリンク

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局生涯学習部生涯学習担当生涯学習推進グループ

住所:〒550-0014 大阪市西区北堀江4丁目3番2号(大阪市立中央図書館4階)

電話:06-6539-3347

ファックス:06-6532-8520

メール送信フォーム