ページの先頭です

平成29年度小学校段階からのプログラミング教育の推進に当たり協力事業者を募集します。

2017年1月12日

ページ番号:386948

1 大阪市プログラミング教育推進事業の目的

 次期学習指導要領における「小学校段階からのプログラミング教育」の導入検討を踏まえ、本市のプログラミング教育の推進に向けた授業づくりや体験学習、教員の研修等に取り組み、その成果の普及を図ります。
 今般、その目的を達成するため、民間事業者の持つ教材や、幅広い知識と経験、専門性を活用し、広く協力企業を募集します。

2 基本条件・事業の実施方針

事業方針

・授業づくりへの協力や教材・ソフトの提供、教員の研修等を、無償で実施できる民間事業者を募集します。

・プログラミング教育体験機会の充実を目指した出前授業や教材の貸し出し等の企画提案を募集します。

基本条件

・ 小学校では、プログラミング教育を行う単元を位置づけ、協力校と連携して各学校の実情等に応じた授業づくりを行うことを基本とします。
・中学校では、技術・家庭科(技術分野)における授業づくりを協力校と連携して行います。
・ 本市の学校のICT 環境(仕様書に記載)で導入可能な教材・ソフトを活用した授業づくりができることを条件とします。

3  業務

・業務の名称   大阪市プログラミング教育推進事業
・事業実施期間  平成29 年4月1日~平成30 年3月31 日
・実施場所          協力校となる各小中学校にて、授業づくり等を連携して実施します。
・業務の内容等    添付ファイル「仕様書」のとおりです。

 

※ 募集要項、仕様書、協定書、応募様式などは次のとおりです。

「平成29年度 大阪市プログラミング教育推進事業」の実施にかかる協力事業者の募集について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局教育センター教育振興担当

住所:〒552-0007 大阪市港区弁天1丁目1番6号

電話:06-6572-0657

ファックス:06-6571-7924

メール送信フォーム