ページの先頭です

平成29年度「大阪の歴史再発見」加賀屋新田会所 居宅棟二階見学と鳳鳴亭のお茶席

2017年10月1日

ページ番号:407290

 大阪市教育委員会では、大阪市域の文化財により深く親しんでいただくために、毎年「大阪の歴史再発見」と題した講演会・見学会を開催しています。大阪の歴史と文化財を、見て・聞いて・学ぶ格好の機会です。みなさまの参加を、お待ちしています。


加賀屋新田会所 居宅棟二階見学と鳳鳴亭のお茶席

協力:市立住吉商業高等学校茶道部・住之江のまち案内ボランティアの会

江戸時代中頃に営まれた加賀屋新田会所は、その敷地が大阪市指定史跡、そこにある鳳鳴亭・書院・居宅といった建築物が指定有形文化財です。居宅部分には二階が設けられ、茶席のしつらえとなっていますが、通常非公開です。
今回は学芸員の案内でその内部を見学したのち、鳳鳴亭の広間にて薄茶のお点前を味わっていただき、書院・庭園を巡ってもらいます。

【日時】        平成29年11月18日(土曜日)

               第1回午前10時30~、第2回午前11時30分~

               第3回午後1時~、第4回午後2時~

【場所】        加賀屋新田会所跡(住之江区南加賀屋4丁目8-7)

           地下鉄四っ橋線「住之江公園駅」より徒歩15分

【参加費】     500円(お茶・お菓子代)が必要です

【定員】        24名(事前申込が必要。6名×4回)     

  • 各回ごとに6名ずつの案内になります。 
  • 各回の所要時間は1時間30分程度です。
  • 庭園および書院については随時ご見学いただけます。
鳳鳴亭広間の茶室の写真
別ウィンドウで開く

<鳳鳴亭広間の茶室>
鳳鳴亭は池に張り出してつくられた広縁をもつ建物で、3つの茶室と水屋から構成されています

居宅棟二階のしつらえの写真
別ウィンドウで開く

<居宅棟二階のしつらえ>
半間幅の瀟洒な床間や天井のつくりに茶室ならではの数寄屋の雰囲気があります

【応募方法】

往復ハガキ1通につき、2名までの申し込みができます。往信面に(1)講座名(2)希望回 第1回~第4回のいずれか(3)代表者の名前(フリガナ)・郵便番号・住所・電話番号、(4)申込人数(2名まで)を、返信面に返送先の郵便番号・住所・氏名を記入してご応募ください。応募者多数の場合は抽選となります。

 (いただいた個人情報は当事業に関する連絡にのみ使用し、事業終了後は速やかに破棄します)

【応募先】        〒530‐8201  大阪市北区中之島1丁目3番20号 

           大阪市教育委員会 文化財保護課 「大阪の歴史再発見」係 まで

【応募締切】    平成29年11月6日(月曜日)必着

                                         
                                             
                                             
                                             

加賀屋新田会所 居宅棟二階見学と鳳鳴亭のお茶席

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム