ページの先頭です

「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!~利用者自身も思わぬ大きなトラブルに巻き込まれるおそれが~

2018年1月25日

ページ番号:103266

クレジットカード現金化とは

 クレジットカードには、商品やサービスを購入し、後払いにする「ショッピング」の機能と、お金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに利用できる金額が設定されています。クレジットカード現金化とは、本来、商品やサービスを後払いにするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することです。

相談内容

 現金が必要になり、「即日融資、担保・保証人不要、低収入でも融資する」との広告を見て店へ行った。業者に「クレジットカードで買い物をすれば買い取る」と言われ、業者と一緒にカー用品店へ行き、クレジットカードのショッピング枠の限度額70 万円分でカーナビゲーションを6 台購入した。しかし、それらを業者には40 万円でしか買い取ってもらえず、さらに限度額分の買い物をしたのでカードが使えなくなり困っている。買い取りに関する書面はもらっていない。

助言

  • 「クレジットカード現金化」を利用すると、一時的に現金を手に入れることができても、その金額よりも高額なクレジットカードの支払いに追われるため、大変大きなリスクの伴う行為であります。現在債務を抱えている人のみならず、債務を抱えていない人も「クレジットカード現金化」を利用することで債務が膨らんでしまう可能性が大いにあります。しかも、クレジットカードを現金化する取引はクレジットカード契約違反になるため、クレジットカード会社から退会手続きをとらされる可能性もあります。さらに不正な利用方法であることを知りながら「クレジットカード現金化」を利用することは消費者も詐欺罪等が適用される可能性があります。そのため、クレジットカードの現金化は絶対に行わないでください。
  • クレジットカード現金化事業者は「安心」「安全」「合法」と広告等でうたっていますが、実際の現金化の取引はクレジットカード契約違反の大変危険な取引なので、決して信用しないでください。
  • 相談事例を見ると、仕事を探しているときや融資を受けようとしているとき等、自分がクレジットカードのショッピング枠を現金化する意思を持っていなくとも、巻き込まれるケースもあります。内容を不審に感じたり、断りきれず利用をしてしまったら、すぐに家族や最寄りの消費者センターに相談しましょう。
  • 借金の整理をしようとしてクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を選択する消費者もいます。多重債務問題を解決するには信用できる機関に相談することが非常に大切です。大阪市内の各区役所や、法律の専門家等による無料の相談会を行っているところもあります。まずはそれらの窓口に相談しましょう。

 契約でお困りの場合は、大阪市消費者センターへご相談ください。

 くわしくは、消費者センターホームページ「消費生活相談(電話・面談・電子メール)」のページをご覧ください。

 

【参考リンク】

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局 消費者センター

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階

電話:06-6614-7521

ファックス:06-6614-7525

メール送信フォーム