ページの先頭です
メニューの終端です。

保健福祉センターからの健康通信(2月号)

2018年2月1日

ページ番号:422444

花粉症対策~体に侵入する花粉をいかに少なくするかがポイントです!~

花粉症は、樹木や草花の花粉が原因となって、鼻水やくしゃみ、目のかゆみ、のどの痛みといった、さまざまなアレルギー症状を起こす病気です。花粉は一年中飛んでいますが、1月下旬過ぎからは多くの人が、スギ・ヒノキなどの花粉で悩まされます。花粉の体内侵入を防ぐことで、花粉症の症状を軽減するだけでなく、まだ花粉症でない人にとっては、花粉症の発症を防ぐ効果が期待できます。積極的に花粉症対策に取り組み、つらいシーズンを乗りきりましょう!

外出時は完全防備

マスク・眼鏡・帽子・マフラーなどを身に着けて、衣類も綿やポリエステルなど花粉が付着しにくい素材を選びましょう。

外から帰ったら

衣類についた花粉は、きちんと外ではらって、なるべく室内に持ち込まないようにしましょう。うがいや洗顔も効果があります

こまめに掃除を

防いでいるつもりでも、室内にはかなり花粉が侵入しています。こまめに掃除機をかけ、室内の花粉の量を減らしましょう。

布団の干し方に注意

外に布団を干すと花粉がついてしまうので、布団乾燥機などを活用しましょう。どうしても干したいときは、花粉の飛散量が少ない日に干し、取り入れる際は花粉をはたいて、さらに布団の表面を掃除機で吸うと効果的です。外に干していた洗濯物も、付着した花粉をはらい落としてから取りこみましょう。

問合せ先

保健福祉課(地域保健活動)
電話:06‐6576‐9968
ファックス:06‐6572‐9514

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 保健福祉課地域保健活動グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所3階)

電話:06-6576-9968

ファックス:06-6572-9514

メール送信フォーム