ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度 港区花と緑の活動記録

2018年4月13日

ページ番号:429149


花と緑のまちづくり活動の実施状況(平成29年4月)

4月4日


磯路中央公園で緑化広報車「ひふみ号」による講習会と花と緑の相談を開催。参加者は、春の草花の種まきや観葉植物の挿し木の仕方など、意外と簡単な植物の増やし方について熱心に受講。港区での花と緑の輪の広がりを予感させる取り組みでした。

4月5日


平成29年度の「種から育てる地域の花づくり支援事業」(種花運動)が港区花づくり広場(愛称:べんてん花広場)でスタート。マリーゴールドとガイラルディアの種をセルトレイに3000粒ほど播種。「花みどり友の会」や地域の皆様のお世話により、順調に育てば6月上旬に出荷予定。

4月6日

波除小学校ミニ花づくり広場で種花運動がスタート。今回の種まきはマリーゴールドです。写真は、手慣れた様子で一粒ずつ種をまかれるボランティアの皆さん。また、港消防署の玄関前では、秋に花づくり広場から出荷されたお花たちが、春本番の季節を迎えて元気に咲いていました。


4月11日

小雨の中、港南中学校のミニ花づくり広場で春の種まきがスタート。あいにくの空模様のため作業は温室の中で実施。マリーゴールドの種まきの後、ボランティアさんの案内で校内花壇を見学。花壇では春を謳歌する色とりどりのお花が咲き競っていました。


4月17日

港晴小学校のミニ花づくり広場で春の種花運動スタート。種まきは、トレニアとマリーゴールド。育てられた花苗は、花と緑あふれる校内環境づくりと港晴地域の緑化に役立てます。


4月18日

築港小学校ミニ花づくり広場で春の種まきをおこないました。築港地域のボランティアさんが多数参加。大変にぎやかなスタートとなりました。育てられたお花は大阪港駅から海遊館に至る「花の海遊ロード」に植栽。地域力で育てられたお花で、やすらぎとにぎわいのまちづくりを支援します。


4月24日


爽やかな春風に導かれ、港晴小学校の新2年生が校内花壇を使って生活科の学習。ボランティアさんがお世話されている花壇で植物の観察や生き物調査など。花や緑に包まれた楽しい授業の様子。子供たちの「センス・オブ・ワンダー」に期待します。

4月27日

波除小学校ミニ花づくり広場でマリーゴールドの「鉢上げ」を行いました。発芽した小さな苗をビニールポットに移す作業を鉢上げと呼び、根と株の成長を促します。今後、ボランティアさんに育てていただき地域への出荷に至ります。今日は570株の鉢上げが完了。


4月28日

毎月1回開かれている「花みどり友の会」の「ステップアップ勉強会」が港区役所で行われました。今回は植物の増やし方を「種まき」や「株分け」の実演で学習。デンドロビューム(洋ラン)の高芽とりに参加者の関心が集中。話は洋ランの育て方に広がり楽しく学習しました。


花と緑のまちづくり活動の実施状況(5月)

5月2日

夏日のような陽ざしの中、べんてん花広場でマリーゴールドの鉢上げを実施。本日は、花みどり友の会の皆さんが1200株を作成。これからは潅水が大切な時期を迎えます。



大阪港開港150年を迎えた築港・天保山エリアでは、人情味豊かな地域の人々や商店さんたちの手で育てられたお花が至る所で咲き競っています。また、天保山公園でもアークトセカのお花が新緑の中で輝いていました。



5月24日


べんてん花広場で花苗の出荷が始まりました。今年の花苗は綺麗に咲きそろっています。これからの季節、学校園や公園、公共空間で可愛いお花を愛でることができます。


緑の風を運ぶゴーヤの成長も順調。区の花ヒマワリの種まきも始まっています。

5月28日


「ゆめホーム『ゆめ』かなえる港区民センター」の花壇の植え替え作業が行われました。主催は、区民センターのボランティアクラブ「はなはなクラブ」の皆さん。参加者は、コキアやジニアのお花を植え付け、自分の名前を刻んだネームプレートを添えて成長を見守ります。

花と緑のまちづくり活動の実施状況(6月)

6月2日


「花の海遊ロード」のコンテナ花飾りの準備が進んでいます。冬から春にかけて沿道に彩りを添えたビオラからマリーゴールドにバトンタッチ。マリーゴールドの植え付けに備え大役を終えたビオラの片付けを行いました。

港警察署の正面花壇では色とりどりのお花が咲き競っています。宿根草のゼラニュームやシロタエギクに囲まれて種花運動のマリーゴールドも凛としています。花壇のお手入れは近隣の花みどり友の会の皆さん達です。花は花壇展の撤去材を活用とのこと。エコでモッタイナイ精神の発揚、素晴らしいです。


八幡屋公園芝生広場の円形花壇と斜面花壇がリニューアルされました。アゲラタムの紫とメランポジュームの黄花とのコントラストは抜群に斬新。他の花壇も花盛りとなっています。淡い緑から深緑に変わりだした6月の風景が広がる八幡屋公園。緑陰では爽やかなそよ風が吹いていました。


6月6日

8年目にしてやっとジャカランダが開花。感動です!この木は、花みどり友の会の会員さんが、八幡屋公園の親木の実を採取して育てられたもの。3年前に区役所東側に植栽され着花が待ち望まれていました。青空を背景に淡青の花をつけるジャカランダは素晴らしいです。


築港小学校ミニ花づくり広場で育てられた800株の花苗を、「花の海遊ロード」に出荷。早朝から地域の皆さんが73基のコンテナにマリーゴールドを植つけられました。大阪港開港150年にふさわしい築港・天保山のまちづくりの取り組みになりました。


花と緑のまちづくり活動の実施状況(7月)

7月7日

区の花「ヒマワリ」を区役所庁舎玄関に設置しました。このヒマワリはコンパクトな草丈が特徴の「グッドスマイル」と呼ばれる品種で、種花運動のボランティアさんが種から育てあげてきたものです。30本の株に次々と開花する予定です。ぜひ皆さんもご覧になって下さい。


7月24日

「花の海遊ロード」に植えられているマリーゴールドの切り戻し作業を行いました。八幡屋公園事務所の研修を受けた後、地域の方々が伸びすぎた株の切り戻しを行いました。蒸れを防ぎ風通しを良くすることによって新芽の成長を促進する作業。皆さんの顔は真剣そのもの。暑い中ありがとうございました!


7月26日


「花みどり友の会」の7月定例勉強会が開催されました。今回は「観葉植物の栽培管理」のお話と株分けの実技。NASAが認めたという空気浄化に効果のあるサンセベリアの株分けと葉挿しを中心に観葉植物の栽培管理について学習しました。




花と緑のまちづくり活動の実施状況(8月)

8月1日


毎月1日は、「花みどり友の会」による八幡屋公園でのボランティア活動の日です。今回の作業は、雑草の除去と花がら摘み。花壇では小さなヒマワリが盛期を迎え、広場では、夏を代表する花木のサルスベリが満開。また、グリーンヒルズの頂上では背の高いヒマワリが見られました。



8月4日

港区保健福祉センターの「なつやすみ おやこクッキング」の取り組みで、緑のカーテンに実ったゴーヤを活用していただきました。ゴーヤは美味しいジュースに変身したそうです。


8月28日

港区役所では今夏も温暖化対策の一環として、庁舎正面入り口の壁面に緑のカーテンを設置しました。収穫されたゴーヤの一部を、港区まちづくりセンターさんに、田中地域活動協議会が運営されている田中食堂へ届けていただきました。スタッフのみなさんがゴーヤサラダを作ってくださり、食事に来られたみなさんからとても好評だったそうです。


花と緑のまちづくり活動の実施状況(9月)

9月6日


べんてん花広場で「種から育てる地域の花づくり事業」(種花運動)の秋の種まきが始まりました。種まきは、発芽に適した気温(地温)の下で行うため、今回はクリサンセマム・パルドサムの種をセルトレイに播種。種まき作業は、お花の種類によって発芽適温が異なるため複数回に分けて実施します。

9月11日


港晴小学校ミニ花づくり広場で秋の種花運動がスタート。本日は、環境委員会の児童(5年・6年生)を交えてサイネリアとストックの種をまき、来年3月の卒業式に向けてお花を育て上げる予定。参加児童は、種花ボランティアさんの指導で花のお世話の仕方を熱心に学んでいました。

9月12日

港南中学校ミニ花づくり広場で秋の種まきを実施。あいにくの悪天候でしたが、温室ハウスの中で無事終了。これから二ヵ月かけて色とりどりのお花を育てあげ、地域の公共施設や学校園に季節の草花をお届けする予定です。


9月21日


波除小学校ミニ花づくり広場でも秋の種花運動がスタート。合計1600粒のビオラとクリサンセマム・パルドサムの種まきを実施。爽やかな秋晴れに恵まれ、楽しい種まきとなりました。

9月22日


築港中学校ミニ花づくり広場でキンセンカ、デージー等の種まきを実施。学校元気アップ事業に携わるボランティアさんがセルトレイに1200粒の種を播きました。公園事務所からは、底面給水の方法と発芽時における水の役割について丁寧なアドバイスがありました。

9月26日

築港小学校ミニ花づくり広場の種花運動がスタートしました。本日は、ビオラの種2800粒をセルトレイに播きました。今後、築港地域のボランティアさんや小学校PTAの皆さんと花苗を育てあげ、11月に築港の「花の海遊ロード」に植え付け予定です。


花と緑のまちづくり活動の実施状況(10月)

10月31日

港警察署の花壇がリニューアルされました。この花壇は、近隣の緑化ボランティアさんが「はならんまん2017」の花壇展で使っていたガーデンシクラメン等をリサイクルして創作したもの。安全・安心なまちづくりの施設にふさわしい風景となりました。


築港小学校ミニ花づくり広場でビオラの鉢上げ作業を実施しました。秋晴れの日和に恵まれ、地元ボランティアさんが種から育て上げた花苗をポット鉢に移植。花苗は、築港の「花の海遊ロード」に植栽予定。


べんてん花広場で花の出荷が始まりました。二度の台風に見舞われながらも逞しく成長したクリサンセマムや、ビオラ、キンギョソウ等を順次出荷。区内の公共施設や公園、学校園などで可愛いお花が活躍します。


花と緑のまちづくり活動の実施状況(11月)

11月19日

「ゆめホーム『ゆめ』かなえる港区民センター」で「はなはなクラブと一緒にチューリップを育てよう教室」が開かれました。一般公募で参加された親子連れの方や花みどり友の会の皆さんも参加。球根の植え方のお話を聞き終えたあと、区民センター前でチューリップの植え付けを行いました。


11月20日


迎春用に八幡屋公園斜面花壇のリニューアル作業が行われました。


「花みどり友の会」の皆さんがハボタンやビオラを使って「富士と初日の出」をお題に、格子戸から富士を眺める趣でデザインされた花壇です。




紅葉が目立ちだした八幡屋公園を散策する人達の憩いの花壇になっなりました。


港区の秋・花風景の紹介です。一つは、八幡屋公園の皇帝ヒマワリと秋の植木市。皇帝ヒマワリは芝生広場で見られ草丈4メートルに達します。もう一つは、皇帝ダリアの薄紫の花。こちらは港晴小学校の周囲で開花。少し珍しいお花たち、ご覧になって下さい。



花と緑のまちづくり活動の実施状況(12月)

12月8日


「はなはなクラブ」の呼びかけによるコキアの果実を使った「とんぶり佃煮作りの会」が開かれました。区役所調理室を会場に、保健福祉課の管理栄養士さんの指導のもと、「畑のキャビア」と呼ばれている佃煮づくりに挑戦。もちろん出来上がったお料理は参加者みんなで試食されました。「おいしゅうございました」とのことです。



12月11日


港区役所花壇の植え替えを花みどり友の会の協力で実施。今回は、迎春に相応しい花壇デザインとなっています。


冬と春の二回咲きの特性を持つキク科のセネッティをメインに、切れ葉が綺麗なクジャクハボタン、冬の定番ミニシクラメンなど多彩な顔ぶれとなっています。

12月12日

市岡地域のグリーンコーディネーター・花みどり友の会会員・地域の方々で結成された「市岡花クラブ」が、港警察署庁舎で「種花事業」の花苗等を長年にわたり植付けされ、日々のお世話をされていることに対し港警察署長から感謝状が贈呈されました。おめでとうございます。


12月13日


港区の緑化ボランティア団体、「花みどり友の会」の定例会。毎月第二水曜日に、各地域や活動場所でお世話いただいている班長さんたちが港区役所会議室に集まりミーティングや意見交換を行っています。

12月21日


花と緑のまちづくり応援団として活躍されている「花みどり友の会」による「迎春・寄せ植え講習会」が開かれました。今回は、ギョリュウバイを芯に据え、オタフクナンテンやハボタン、ビオラ等を添えた作品づくりに挑戦。会場内は早くも新春の雰囲気に包まれていました。



花と緑のまちづくり活動の実施状況(平成30年1月)

1月4日

新年、緑のボランティア活動スタートの報告です。本日早朝から、「花みどり友の会」の皆様によって八幡屋公園・芝生広場大花壇のお手入れと花の補植が行われました。降り積もった落ち葉の回収とビオラの補植によってサッパリとした冬花壇が復活しました。新年初のボランティア活動に際し、「花みどり友の会」の高田代表から「怪我、病気せず、健康で笑顔と笑い声をたやさぬ活動を今年も進めましょう」との挨拶。また、公園事務所からは、「今年も皆様と御一緒に、楽しく花と緑のまちづくりを!」とアピールされました。




1月17日

「ゆめホーム『ゆめ』かなえる港区民センター」で、乾燥したコキアを材料に手ボウキを作成する「はなはなクラブ」の皆さん。材料は、秋に美しい紅葉を見せてくれたコキアを使用。参加者は、器用に茎を束ね上げ、可愛いホウキを完成させました。


花と緑のまちづくり活動の実施状況(2月)

2月22日


協働まちづくり推進課による「平成29年度・花と緑の連続講習会」を開催。第1回は、「花みどり友の会」の高田代表から、種から育てる地域の花づくり運動を中心にした、花と緑のまちづくりとボランティア活動の報告を受け、地域における取り組みの意義について学習しました。

花と緑のまちづくり活動の実施状況(3月)

3月2日


港区役所で第2回目の「花と緑の連続講習会」を実施しました。「植物を育てよう」をテーマに、土の役割と良い土の作り方、肥料の種類と利用方法などを詳しく学習。講師から土や肥料のサンプルを見せていただき、植物を育てるコツについて学習しました。

3月6日

春の気配が漂う磯路中央公園では、グランドカバーのお手入れが行われていました。作業は、公園愛護会の皆さんによるもので、ヤブランの古葉を取り除き新葉の成長を促すのが目的です。磯路地域の皆さんのこまめなお手入れで、この春もスイセンの花絨毯や新緑が見られそうです。


3月15日


港区役所で4回目の「花と緑の連続講習会」を開催。最終回となった講習会では、クリスマスローズ等を使った春の寄せ植えを制作しました。受講者は、学習した成果を活かし、素晴らしい作品を作成。「修了証」の授与式も行われ、今後、花と緑のまちづくり活動が期待されます。



SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 協働まちづくり推進課安全・安心グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所5階)

電話:06-6576-9743

ファックス:06-6572-9512

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示