ページの先頭です
メニューの終端です。

「ADHDの子どもへの理解と支援~その子のままで、どんどん能力を発揮するコミュニケーションスキルとは~」講演会を開催しました

2018年4月13日

ページ番号:432001

 平成30年3月27日(火曜日)午後1時30分から午後4時まで港区役所にて発達障がい児・家族サポートセンター『Live with~ともに生きる~』代表である薮本啓子さんをお招きし、発達障がいの1つであるADHDの子どもへの理解や支援についての講演会を開催しました。

※ADHD(注意欠陥/多動性障がい)とは、「集中できない(不注意)」「じっとしていられない (多動・多弁)」「考えるより先に動く(衝動的な行動)」などを特徴とする発達障がいです。

 

子どもと対等な関係でかかわることを基本に、指示を出す時は短く簡潔にすること。特に口頭で指示する場合は具体的に指示することや指示を出した後は承認・感謝で終わること。また、好ましい行動にはプラスの声かけ、減らしたい行動はほめるために待つ、許しがたい行動は指導する(叱る)というように、子どもの行動をよく観察して一貫性を持って子どもに対応することが大切など。具体的なコミュニケーションスキルについて講師の豊富な経験や知見をもとにわかりやすく話されました。

 

講演後、港区を担当されているスクールソーシャルワーカーの岡野さんからスクールソーシャルワークについての説明や講師の薮本さんとの意見交換会が催されました。
講演後のアンケートでは、子どもを「褒める」という事への捉え方、考え方が変わったとの意見が多くありました。




チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

港区役所  協働まちづくり推進課
電話: 06-6576-9940 ファックス: 06-6572-9512
住所: 〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所5階)