ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪市港区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員要綱

2018年4月11日

ページ番号:432872

(目的)

第1条 この要綱は、「大阪市非常勤嘱託職員要綱」に基づき委嘱される港区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員(以下「心理相談業務非常勤嘱託職員」という。)について、必要な事項を定めることを目的とする。

 

(委嘱)

第2条 心理相談業務非常勤嘱託職員は、次のいずれかに該当する者の中から、筆記試験または論述試験、面接試験の内容を総合的に勘案して任用する。

(1)  臨床心理資格を有する者

(2)  公的機関・医療機関・社会福祉施設・教育施設での心理相談業務を2年以上勤務した経験のある者

(3)  前各号に準ずる者であって、第4条に規定する業務を遂行するに必要な知識及び能力を有する者

 

 2  心理相談業務非常勤嘱託職員の委嘱は、市長が行うものとする。

 

(委嘱期間)

第3条 心理相談業務非常勤嘱託職員の委嘱期間は、1年以内とする。

 2  市長は、必要と認める場合に限り、その委嘱期間を2回に限り更新することができる。

 

(業務)

第4条 心理相談業務非常勤嘱託職員の業務は、別添のとおり定める。

 

(勤務)

第5条 心理相談業務非常勤嘱託職員の勤務時間、その他の勤務条件は、別添のとおり定める。

 2  心理相談業務非常勤嘱託職員の休憩時間は、正規の職員の例による。

 3  心理相談業務非常勤嘱託職員は、病気その他の理由により業務に従事できないときはすみやかにその旨届出しなければならない。

 

(報酬等)

第6条 報酬の支給及び費用弁償については、別添のとおり定める。

(実施細目)

第7条 この要綱の実施について必要な事項は、港区長が定める。

 

 

附則 この要綱は、平成24年12月25日から施行する。

 

附則 この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

 

 

港区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員労働条件等について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 保健福祉課保健衛生グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所3階)

電話:06-6576-9882

ファックス:06-6572-9514

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示