ページの先頭です
メニューの終端です。

今年度もスタートします。港区にヒマワリいっぱい活動。

2018年4月11日

ページ番号:433052

街中に元気いっぱい「ひまわり」と「笑顔」を咲かせよう


「ひまわり」の普及は、花と緑のボランティア団体・「花みどり友の会」の協力の下、種から育てる花づくり事業の一環として推進しています。港区の街中に元気いっぱい「ひまわり」と「笑顔」を咲かせる取り組みとして区民の皆様の御協力をお願いします。


桜と共に明るく健康的なイメージの「ひまわり」は「区の花」として皆様に親しまれています。港区役所では今年の夏も「いちばん住みたいまち、住んで誇りに思えるまち港区」をめざして街中や公園に「ひまわり」の輪を広げる取り組みを実施します。

港区のマスコットキャラクター「みなりん」もひまわり一杯を応援


ひまわりが区の花であるのは港区だけで、昭和63年度に区民公募で決定しました。平成20年に、ひまわりが区の花に決まって20周年を記念し、港区の花


ひまわりマスコットキャラクター「みなりん」が誕生しました。平成25年には「みなりん」誕生から5周年を記念して「港区のキャラクター」に就任。今ではみんなが愛する港区の人気者です。「みなりん」は今年も「ひまわり」いっぱい活動を応援します。

平成28年度に区役所前で育ったひまわりたち


ひまわりの育て方アドバイス

ひまわりの紹介

ひまわりの草丈は高すぎると思われていますが、最近では矮性のコンパクトな品種が増えており、鉢植えでもプランターでも手軽に育てることができます。また、色や容姿も豊富で赤やオレンジなどの花色や八重咲きのものもあります。家庭の鉢植えやプランターでも育てやすい植物ですから、皆さんも是非この夏にチャレンジしてみてください。



種まきと育て方のポイント

  • ひまわりの育て方のポイントは、日当たりと風通しの良い環境で育てることです。種まきは、発芽に適した22度ぐらいの気温になる時期(4月下旬から5月)に行います。
  • 3号(直径9センチ)ポットを用意し、水はけ、通気性、保水性のある用土に、種を横向きにまき、上から土をかけて水をタップリと与えます。
  • 適期だと1週間から10日で芽を出します。本葉(双葉の次に出てくる葉)が5から6枚の頃に、ポットの土をくずさないようにやさしく鉢やプランター、花壇に植え付けます。ひまわりは移植を好まないため植え付けのタイミングを外さないようにしてください。
  • 肥料は生育の様子を見ながら草花用の液肥を与えてください。チッソ分の多い肥料を与えすぎると茎葉は良くても余り良い花が咲かなくなるので注意が必要です。
  • 開花は、品種にもよりますが種まきから50日前後になります。
  • 「べんてん花広場」では種まきを3回に分けて実施しています。育て始めの時期をずらせば9月ごろまで花を楽しむことができます。
  • 皆様もひまわりの花を咲かせ、美しい黄色の風景で、この夏をお楽しみください。

ひまわりの発芽の様子


べんてん花広場で育てられたひまわりの植え付け。この後、区役所へ出荷されました。

地域に広めようひまわりの輪


港郵便局


三先公園


夕凪交番

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 協働まちづくり推進課安全・安心グループ

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所5階)

電話:06-6576-9743

ファックス:06-6572-9512

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示