ページの先頭です
メニューの終端です。

朝8時の予約で100%保証 訪問型で安心・安全の病児保育~広報紙「かぜ」5月号~

2017年5月1日

ページ番号:398222

朝8時の予約で100%保証 訪問型で安心・安全の病児保育

 区長の岸本です。5月号からこのコーナーでは「西区ならでは」の事業や西区のまちの多彩な魅力などお伝えしていきます。第1回目は、子育て支援がテーマです。西区では、区内で急激に増加している子育て層の皆さんが安心して子育てできる環境を整えるため、さまざまな取組みを進めています。そのなかでも、子育てと就労の両立を支援するため、ご自宅に保育者が訪問し病気のお子さんを一時的に保育する「訪問型病児保育事業」をご紹介します。

慣れた環境で安心して過ごせます

 病気の子どもを預けるために、慣れない場所へ連れて行くのは、親子ともに負担が大きいもの。場所みしり、人みしりの子も少なくありません。 

 訪問型の病児保育なら、子どもが一番慣れた環境で、生活リズムを崩さずに安心して過ごせるため、病気のよりはやい回復が期待できます。また、自宅保育ならインフルエンザなどの感染の心配もありません。

保育スタッフとの愛着が育まれます

 病気の子どもは、心身ともにしんどいなか、心細い思いを抱えています。そんなお子さんに保育スタッフが1対1で寄り添うため、短期間でも愛着が生まれ、最後にはお子さんから「もう、帰っちゃうの?」と引きとめられるほど。

 見送りから引き継ぎまで、保育スタッフと一緒に過ごした時間は「保育記録」にびっしり記載。病状の変化だけでなく、どんな遊びをしたかなど、お子さんの様子が手に取るようにわかると好評です。

もしもの時も、本部が万全にフォロー

 小児救命や病児保育ならではの豊富な研修を経た約40名のスタッフが活躍しています。お預かりしているお子さんの病状が急変した際は、本部と連携しスピーディに救急手配し、万全にフォローする体制が整っています。さらに「オムツがない」時なども、本部コーディネイターが保護者の方に場所を確認の上、現場の保育スタッフが探すなどプライバシーにも配慮しています。


保育スタッフ紹介

子育ても仕事も全力でがんばる人を応援します

松木田裕美さん(資格:保育士、幼稚園教諭)

 保育園に勤務していた頃、子育てと仕事の両立に悩む保護者の方のお悩みを聞くことが多くありまして、働くママ・パパを助けたいと思い、この仕事に就きました。利用者さんから「仕事に穴をあけずにすみました」「帰ってきて、子どもの笑顔をみて安心しました」などの感謝の声を聞くと嬉しいですね。子育ても、仕事も、全力でがんばる人たちを支えていきたいです。

病気や障がいのことなら、まかせてください

進藤典子さん(資格:保育士)

 前職場の乳児院で働いた15年間は、いろんな病気や障がいのあるお子さんをみてきました。咳がひどい、嘔吐があるときなど緊急の際、どんな対応が最もふさわしいのか。医師に相談しながら、さまざまな経験を積み重ねてきました。子どもの病気については一番詳しいと自負しています。「大切なお子さんの命を預かっている」ということをいつも肝に銘じて仕事をしています。

利用者の声

  • 経過報告をメールで送ってくださったので、早退することなく安心して仕事ができたので大変助かりました!
  • 娘の喜びそうな遊びや、ご飯・おやつ・お昼寝も臨機応変に体調に応じて実施してくださり、安心でした!

入会方法

  1. 説明会申込み・参加 オンライン説明会or合同説明会
  2. 入会申込問診チェック お子さんの健康状態等WEBフォームに入力
  3. 入会金などお支払い クレジットカードor銀行口座振替
  4. 情報登録 お子さんの生活リズム、かかりつけ医療機関など登録
  5. ご利用開始 会員マイページログインで手続き完了

オンライン説明会・クレジットカード払いを選択された場合、最短3日でご利用開始が可能です

訪問型病児保育サービス

子育てと仕事の両立を支援します

 平成27年12月1日より利用登録者(保護者)が会費(定額3,000円/月)を出し合って、保育料に充てる共済型モデルの訪問型病児保育事業を実施しています。お子さんの急な発熱などいざという時、ご家庭に保育者が訪問し、病気のお子さんのお世話をします。月曜日から金曜日までの午前8時から午後8時まで利用でき、当日の朝、午前8時までにご予約いただければ、保育者派遣を100%保証します。利用できるのは、生後6ヵ月から小学校6年生までのお子さんがいるご家庭です。

申込み・問合せ 認定特定非営利活動法人ノーベル別ウィンドウで開く(事業委託先) 電話06-6940-4130

まずは説明会にご参加ください!

今月の合同説明会

日時 5月13日(土)9:45〜

場所 大阪産業創造館(中央区)

※定員に達した場合はご了承ください。

スタッフへの質問も可能です

5月は児童福祉月間です「あなたの子育てを応援します」

子育て支援室ではお子さんの相談をお受けします。


 「ことばが遅いと感じる」「気になるくせがある」「子どもに対してイライラする」「落ち着きがない」「あそびともだちがいない」など子育てには楽しみや喜びとともに、不安や悩みがつきものです。ひとりで悩まないで、どんなことでも気楽に相談してください。家庭児童相談員・保育士・心理相談員・社会福祉に関する専門の相談員がさまざまな相談に応じます。また、子育て情報の提供、子育て支援のサービスや専門機関を紹介します(個人のプライバシーは厳守します)。

日時 月~金曜日(祝日除く) 9:00~17:30

にっしー広場


 マンションの集会室などで、保育園や幼稚園に通っていないお子さんとお母さん、お父さんを対象に区職員(保育士)が出張して子育てサークルを開催しています。
 また、「にっしー広場」を通じて、地域で行われている子育てサークルやつどいの広場との交流をすすめる支援や地域の子育て支援サークルの紹介も行います。子育て仲間が欲しい、地域の方と交流したい方、お気軽にご相談ください。

施設型病児保育事業


 お子さんが病気のため保育所などに通うことができず、仕事の都合などで家庭での保育が難しい場合、お子さんをお預かりします。

施設名称 病児保育室リトルベアーWEST
所在地 江戸堀2-7-32 電話06-6448-5888
問合せ こども青少年局管理課 電話06-6208-8111

子育て支援情報紙「てをつなごう」


 プレママ・パパや子育て真っ最中の方が気楽に利用できる施設やサービスの情報をお届けしています。親子で交流できるつどいの広場や困った時に役立つ情報も掲載しています。ご活用ください。

子育て支援情報マップ


 ポケットに入れて持ち運べる携帯型マップです。西区の全体の地図、子育て支援サークル・保育園(所)・幼稚園・地域型保育事業・児童いきいき放課後事業・放課後児童クラブ等の情報を掲載しています。ご活用ください。

ひとり親家庭の日常生活支援事業 ~日常生活をサポートします~


 母子家庭・父子家庭・寡婦の方が対象です。「放課後、子どもの面倒をみてほしい」「仕事を休めないので家族の看病を頼みたい」「少しの間、こどもを預かってほしい」「病気で動けないので家事を手伝って欲しい」など、家庭生活支援員による生活援助・子育て支援を行います。保健福祉課(子育て支援)にて事前登録が必要です。

 

申込み・問合せ 西区保健福祉センター 保健福祉課(子育て支援) 3階38番窓口

電話06-6532-9936  ファックス06-6538-7319

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 まち魅力創造課まち魅力創造グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06‐6532‐9944

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム