ページの先頭です
メニューの終端です。

地域の見守り活動を支える皆さんをご紹介します~広報紙「かぜ」2月号~

2018年2月1日

ページ番号:424578

住みなれた地域で安心して暮らすために

高齢の方も、障がいのある方も、誰もが住みなれたまちで自分らしくいきいきと暮らし続けることができるように、西区ではすべての地域で、住民の皆さんがボランティアとして見守り活動をしてくださっています。お互いの顔が見える地域の中でのつながりづくりは、助けあいの大きな力となり、課題が生じたときにも早期の発見や支援につながります。西区としても、この見守りの輪が広がるように、区社会福祉協議会とともに、各地域社会福祉協議会や連合振興町会、民生委員・児童委員などの皆さんと連携を深め、地域全体で支え合う活動に発展するよう取り組んでいます。

地域でひろがる見守りの輪~気づきから支えあいへ~

 西区では、もしもの時に助け合う環境が必要だと地域の方々が考え、日ごろからのつながりづくりを大切にし、地域の方々約170名が見守り員として見守り活動を行っています。

 普段から地域の皆さん同士が顔なじみになり見守りをしてくれるということは、地域で暮らしていく上で、気にしてくれる人がいるという安心にもつながり、また、いつもと違う様子に気づきやすくなり、早い時点での対処が可能となることもあります。



見守り対象者

要介護3〜5など介護の必要性が高い高齢者、重度の障がい者などのうち、地域住民による見守りを希望された方


日吉地域見守り連絡会メンバー
・区社会福祉協議会
・見守り相談室
・地域包括支援センター
・見守りコーディネーター
・見守り員(地域社会福祉協議会、連合振興町会、民生委員・児童委員、主任児童委員、女性会)
・区役所

日吉地域 見守りコーディネーター 葛目 弘子(くずめ ひろこ)さん

この連絡会を通じて、民生委員や地域のボランティアが集まることで見守りの連携ができ、とても有意義な会になっていると思います。

見守りされている方の声

  • 障がいがあると何かあった時など本当に心配です。見守りコーディネーターさんを通じて、地域のみなさんに「私がここにいる」ことを知ってもらえたらいいですね。
  • 引っ越してきて近所に知り合いがいないなかで夫の介護をするのは不安が一杯です。近くに何でも相談できる方ができて、安心して暮らせるようになりました。
  • 高齢者のひとり暮らしのため、定期的に見守りで訪問してもらえると嬉しい。見守り員の方が来てくれるとつい話し込んでしまうことも・・・。

見守りのおかげで…

 ある日、見守り員が見守り対象のAさんに電話したときのこと。受け応えの様子がおかしいと思い、見守りコーディネーターに連絡し、訪問してもらいました。Aさんの手の震えなどが見受けられたため、見守りコーディネーターが直ちに救急車を呼び早期対応できたことで、一命を取りとめることができました。

 このように、見守り員の皆さんが日頃からお声かけすることで、早期に異変に気づくことができ、適切な対応ができるなど、支援につながる機会が増えています!!

 

問合せ

  • 西区社会福祉協議会(見守り相談室) 
    電話06-6539-5151 ファックス06-6539-8073
  • 西区保健福祉センター 保健福祉課(地域福祉)
    電話06-6532-9857 ファックス06-6538-7319

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 総務課事業調整グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

電話:06-6532-9989

ファックス:06-6538-7316

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示