ページの先頭です
メニューの終端です。

第9回西成ミュージカル「ひと月遅れのバレンタイン」を公演します!【公演終了】

2015年1月30日

ページ番号:289523

第9回西成ミュージカル「ひと月遅れのバレンタイン」を公演します!

第9回西成ミュージカル「ひと月遅れのバレンタイン」は、架空のまち成西区「区民バレンタイン祭り」とその参加者たちのお話です。

彼らがバレンタインにかけるさまざまな想いを描きます!

たくさんの歌とダンスとともに、ミュージカルをお楽しみください。

 

ポスター、チラシ画像

公演日時

平成27年3月8日(日) 14:00開演 (13:00開場)

 

会場

西成区民センター ホール (大阪市西成区岸里1-1-50

 

入場料

無料(定員500名/当日先着順)

 

公演当日、会場にてカンパ協賛金へのご協力をお願いします。

いただいた協賛金は、大道具や衣装など公演に関するものなどに使用させていただきます。

 

あらすじ

2月14日。ここ成西区のハッピー広場では「区民バレンタイン祭り」が開かれ、チョコレートを買い求める人や大切な人との待ち合わせの人、歌やダンスに出演する人たちで大変なにぎわいです。

 そこへ突然、製菓会社のトラックが突っ込んできて横転。10人の老若男女が天国へ召されます。

 ところが、それは天国の神様の間違いで、本当に死んでしまったのは、のりえ・幸子・京介・みく・アイの5人だけで、あとの5人、アユミ・リカ・じゅん・マコト・倉岡は、実は生きていたことが判明します。

 胸をなで下ろす生存組の傍らで、泣き叫ぶ犠牲者の魂たち。「バレンタインデーにやり残したことがあるんだー!」生存組の面々は、魂たちに自分たちの身体を貸してやって、願いを叶えさせてやりたいと神様に訴えます。神様もそれを聞き入れて、事故からひと月後、彼らが地上に戻ることを許し、お目付役としてキューピッドのグルーを一緒に向かわせることにします。

このグルー、キューピッドの身でありながら「愛とは何か?」に悩み続けており、これまで人間の愛を実らせたことがありません。

 さて5人の魂と5人の身体、誰が誰に乗り移るのか?魂たちはそれぞれ思いを遂げることができるのか?そして、不満タラタラ、イヤイヤ付き添ってきたグルーの活躍は…

 

その他

西成ミュージカルは、西成区未来わがまち推進会議による夢プラン「うるおいのあるまち 西成」を実現するための取組みです。

区内外より出演者を公募し、プロ講師による指導のもとミュージカルをつくりあげます。

公演を通して幅広い人々が集まり、交流することによって「うるおい」を生み出します。

 

第9回西成ミュージカルポスター・チラシ画像

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西成区役所 市民協働課

〒557-8501 大阪市西成区岸里1丁目5番20号(西成区役所7階)

電話:06-6659-9734

ファックス:06-6659-2246

メール送信フォーム