ページの先頭です
メニューの終端です。

西淀川区福祉避難所合同訓練を全国に紹介しています

2016年11月7日

ページ番号:381175

西淀川区福祉避難所合同訓練を全国に映像で紹介しています

福祉避難所とは

 福祉避難所とは、災害発生時に、一般の避難所生活において特別な配慮を必要とする高齢者や障がい者の方々を受入する避難所です。

 西淀川区では、高齢者施設や障がい者施設の10か所を福祉避難所に指定しています。(平成28年11月1日現在)

福祉避難所がスムーズに開設できるように訓練を実施しています。

 西淀川区では、平成26年度より区内の福祉施設担当者が訓練実施施設に集合し、合同で福祉避難所開設運営訓練を実施しています。

 平成28年2月18日に行った福祉避難所合同訓練は2回目となりますが、地震発災初動期の区災害対策本部との情報伝達、災害時避難所から福祉避難所、福祉避難所内での上階移動の移送、福祉避難所の設営と対象者の受入、ボランティアセンターとの連携等の訓練を実施しました。

 この福祉避難所合同訓練が先進的な防災訓練の取り組みとして、一般財団法人消防科学センターの「消防防災博物館」というホームページで、防災訓練の映像が紹介されています。

 災害発生時の福祉避難所の開設運営は多くの自治体でも課題が多いと言われています。

 是非一度ご参考に映像をご覧ください。


訓練の映像はこちら⇒http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index2.cgi?ac1=BF63&ac2=B23031&ac3=7346&Page=hpd2_view別ウィンドウで開く


訓練の概要

1.名称  西淀川区福祉避難所合同訓練

2.日時  平成28年2月18日(木曜日)13時~15時30分

3.場所  西淀川特別養護老人ホーム、西淀川区民会館

4.目的  直下型地震発生初動期における西淀川区災害対策本部と福祉避難所との連携などを訓練し、初動体制の改善を図る。

5.内容  (1)情報伝達訓練

       (2)移送訓練(災害時避難所→福祉避難所、福祉避難所内での上階移動)

       (3)福祉避難所開設・運営(簡易ベット・災害トイレの設置、備蓄品・発電機の利用、案内表示、受付など)

       (4)災害ボランティアセンターとの連携

6.参加者 75名

7.被害の想定

  • 平日午前に大規模な地震(震度7)が発生。
  • 多くの区民が最寄りの災害時避難所に避難している。
  • 翌日、区災害対策本部より福祉避難所に開設と避難者受入の要請

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市西淀川区役所 地域支援課安全まちづくりグループ(防災チーム)

〒555-8501 大阪市西淀川区御幣島1丁目2番10号(西淀川区役所4階)

電話:06-6478-9895

ファックス:06-6478-5979

メール送信フォーム