ページの先頭です

南海トラフ巨大地震に対する堤防等の耐震対策

2017年10月16日

ページ番号:258914

概要(説明)

堤防の耐震対策を「南海トラフ巨大地震対策の大きな柱」として位置付け、府市の港湾・河川部局が連携して液状化対策等に取り組んでいます。

 

発端(きっかけ)は何?

平成23年3月に発生した東日本大震災を踏まえ、平成25年8月に「大阪府防災会議 南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会」において、長い時間揺れが続くマグニチュード9クラスの南海トラフ巨大地震では、地盤の液状化に伴い堤防が沈下・破壊することが新たな知見として示されました。その結果、津波による浸水が市域全体の約3分の1に及ぶ想定が示されました。

寄せられたご意見

東日本大震災以降、団体からの要望書などにおいて、堤防の耐震対策の推進に関する要望が寄せられています。

今後の予定は?

「大阪府防災会議 南海トラフ巨大地震土木構造物耐震対策検討部会」の考え方に基づき、堤防等の耐震対策に取り組んでいるところであり、概ね10年程度での整備完了をめざしています。

どこまで進んでいるのか?

これまでの経過

  • 平成25年度 堤防延長32.7kmの耐震対策計画を策定
  • 平成26年度 約0.2km堤防耐震対策実施
  • 平成27年度 約0.3km堤防耐震対策実施
  • 平成28年度 耐震性照査を踏まえ耐震対策延長を14.4kmに見直し
  • 平成28年度 約0.5km堤防耐震対策実施

耐震対策計画図

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

会議の実施状況

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 港湾局計画整備部計画課計画グループ

住所:〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階

電話:06-6615-7773

ファックス:06-6615-7789

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示