ページの先頭です

あこがれアーカイブ~帆船「あこがれ」の軌跡~

2016年7月21日

ページ番号:269121

帆船「あこがれ」とは

帆船「あこがれ」とは、大阪市が平成5年(1993年)から平成25年(2013年)7月まで所有し、日本の自治体として初めてセイル・トレーニング事業のために建造した帆船です。

帆船「あこがれ」による「セイル・トレーニング事業」については、教育目的に特化した利用について取組みを進めながら事業のあり方について検討してきたものの、大阪市内小中学校の積極的な利用には至らず、民間事業者からの提案も収益性の確保が難しいものであったことから、事業継続は極めて難しく、平成25年(2013年)3月末で事業を廃止し、同年7月に帆船「あこがれ」を売却しました。

帆船「あこがれ」は、約20年間の歴史の中で、大阪湾や瀬戸内海、日本海など日本各地でセイル・トレーニング事業を行うともに、世界各地での帆船レースに参加したほか、世界一周も経験。地球約8.6周分の約34万3千キロを航海してきました。

あこがれ写真
別ウィンドウで開く

あこがれの軌跡

帆船「あこがれ」は、平成6年(1994年)からセイル・トレーニング事業をスタートし、平成25年(2013年)3月末の事業廃止までに約3万4千人もの人々が乗船しました。

大阪港を発着する航海を通じ、帆船の操船技術体験をしながら人間性や協調性を養うとともに、海に親しみ、理解を深め、多くの方のチャレンジ精神を培ってきた帆船「あこがれ」と、これまで帆船「あこがれ」を利用して実施してきた「セイル・トレーニング事業」についてご紹介することにより、今後も、「海」や「港」、「船」に対する関心・理解を深めていただきたいと思います。

あこがれ航海中
あこがれセイルトレーニング
あこがれマスト登り

帆船「あこがれ」の軌跡については、下記のバナーをクリックしてください。

  • あこがれバナー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 港湾局営業推進室開発調整課集客施設グループ

住所:〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階

電話:06-6615-7754

ファックス:06-6615-7789

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示