ページの先頭です

PFI手法による天保山客船ターミナル整備・運営について

2017年9月8日

ページ番号:347959

お知らせ(更新日:平成29年9月8日)

 「天保山客船ターミナル整備等PFI事業」入札説明書等に関する第1回の質問回答を掲載します。

また、入札説明書および様式集についても修正版を公表します。

第1回質問回答(更新日:平成29年9月8日)

第1回質問回答

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

入札説明書(修正版)(更新日:平成29年9月8日)

入札説明書(修正版)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

様式集(修正版)(更新日:平成29年9月8日)

様式集(修正版)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Excel Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
xlsファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

これまでにお知らせした内容

現地説明会資料について(更新日:平成29年8月30日)

 「天保山客船ターミナル整備等PFI事業」に係る現地説明会で使用した資料を公表します。

「天保山客船ターミナル整備等PFI事業」現地説明会資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

様式集(1-1、5-9、5-10、8-3)Excel形式について(更新日:平成29年8月30日)

 様式集(Excel形式)への記入ができない旨の問い合わせがありました。先に公表した様式集(Excel形式)への記入等ができない場合は、以下の様式集(Excel形式)をご利用ください。

様式集(Excel形式)

Microsoft社 Excel Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
xlsファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

「天保山客船ターミナル整備等PFI事業」入札公告(更新日:平成29年8月4日)

事業名称

 天保山客船ターミナル整備等PFI事業

事業目的

 現在の客船ターミナルは、昭和44年に貨物上屋として建築され、昭和58年に客船ターミナルとして改築された建物ですが、老朽化とバリアフリーに対応できていないといった課題を抱えています。

 また、大型化するクルーズ客船が入港する際、狭隘なターミナルでは入出国手続きに時間を要することから、クルーズ客船を運航する船会社から、「母港として選ばれるためには、十分なスペースを確保したターミナルが必要不可欠である。」と言われています。

 大阪都市魅力創造戦略において、クルーズ客船の母港化をめざすことと位置付けられ、母港化に対応した客船ターミナルの整備が急務となっており、民間事業者の創意工夫や資金を活用した施設整備を行うため、客船ターミナルにおける設計・建設、維持管理業務に係る発注手続きをPFI法に基づき実施します。

事業場所

 大阪市港区築港3丁目11番1(地番)

 大阪市港区築港3丁目11番8号(住居表示)

事業スケジュール(予定)

 平成29年8月4日 入札公告(入札説明書等の公表)

 平成29年8月5日~16日 現地説明会の申込期間

 平成29年8月18日~31日 入札説明書等に関する質問の受付(第1回)

 平成29年8月21日~25日 現地説明会の実施

 平成29年9月8日 入札説明書等に関する質問及び回答の公表(第1回)

 平成29年9月11日~15日 参加表明書及び資格確認書類の受付

 平成29年9月22日 資格確認結果の通知

 平成29年10月2日~17日 入札説明書等に関する質問の受付(第2回)

 平成29年10月3日~10日 対面による対話の実施

 平成29年10月27日 入札説明書等に関する質問及び回答の公表(第2回)

 平成29年11月20日~24日 入札及び事業提案書の受付

 平成29年11月27日 開札

 平成29年12月上旬 入札参加者によるプレゼンテーション

 平成29年12月中旬 落札者の決定

 平成29年12月下旬 基本協定の締結

 平成30年1月下旬 仮契約の締結

 平成30年2月~3月 議会の議決

 平成30年3月下旬 事業契約の締結(契約効力の発効)

入札説明書等の公表

入札説明書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

落札者決定基準

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

事業用定期借地権設定契約書(案)

民間事業者との2回目の対話の実施について(更新日:平成29年2月9日)

 港湾局では、平成29年1月19日に「天保山客船ターミナル整備等PFI事業」を特定事業として選定したことを公表しました。

 特定事業の選定に先立ち公表している実施方針に基づき、本事業への参画を検討している、または、本事業に関心のある民間事業者との2回目の事前対話を行います。

 つきましては、「第2回民間事業者対話実施要領」をご参照の上、(様式4)第2回事前対話申込書によりお申込みください。

民間事業者との対話のスケジュール(予定)

 対話申込の受付時期により、以下の日程(目安)で対話を実施させていただきます。

 平成29年2月17日(金曜日)までに受け付けたもの 3月上旬の対話

 平成29年3月3日(金曜日)までに受け付けたもの 3月中旬の対話

 平成29年3月6日(月曜日)以降に受け付けたもの 3月下旬の対話

 ※対話の実施日程は個別に調整します。

第2回民間事業者対話実施要領および(様式4)事前対話申込書はこちら

特定事業の選定結果の公表(更新日:平成29年1月19日)

 「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(以下、「PFI法」という。)」(平成11年法律第117号)第7条の規定に基づき、「天保山客船ターミナル整備等PFI事業」(以下、「本事業」という。)を特定事業と選定したので、同法第11条第1項に規定に基づき特定事業の選定に係る客観的評価の結果を公表します。

実施方針について(更新日:平成28年12月13日)

 本事業に関し、PFI法第5条第1項の規定により、実施方針を定めたため、同条第3項の規定により、公表します。また、実施方針別紙にて、今後公表する予定の資料のリストを合わせてお知らせします。

実施方針はこちら

質問回答(更新日:平成28年10月24日)

 実施方針(案)及び要求水準書(骨子案)に関する質問回答を掲載しました。

民間事業者との対話の実施について(更新日:平成28年9月16日)

 港湾局では、平成28年8月23日に公表しました天保山客船ターミナル整備等PFI事業実施方針(案)に基づき、本事業への参画を検討している、または、本事業に関心のある民間事業者との事前対話を行います。

 つきましては、民間事業者対話実施要領をご参照の上、(様式3)事前対話申込書によりお申込みください。

 対話への積極的な参加をお願いいたします。

民間事業者との対話のスケジュール(予定)

 平成28年9月30日(金曜日)17時         申込期限

 平成28年10月3日(月曜日)~21日(金曜日) 対話の実施

 ※対話の実施日程は個別に調整します。

民間事業者対話実施要領および(様式3)事前対話申込書はこちら

天保山客船ターミナル整備等PFI事業の実施方針(案)を公表します(更新日:平成28年8月23日)

 大阪市港湾局では、PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)を採用する天保山客船ターミナルの整備等の事業について、このたび事業の実施方針(案)がまとまりましたので、PFI法第5条の規定に基づき、実施方針(案)を公表します。

 また、今後、実施方針の確定に向け、民間事業者と意見交換形式による対話(簡易提案)を行っていきます。

 本事業は、昭和58年に客船用のターミナルとして供用を開始した天保山客船ターミナル(港区)について、クルーズ客船の母港化を実現するため、狭隘なスペースと老朽化している状況を改善するとともに、バリアフリーに対応したターミナル施設とすることを目的に実施するもので、事業の実施にあたっては、PFI法に基づき進めていくこととしています。 

(参考)実施方針(案)公表後の流れ

1.     実施方針(案)公表後は、民間事業者との対話を通じて「実施方針」として確定させ、従来の公共整備の場合に比べてPFI手法を用いた場合の総事業費の削減効果を示すVFM(※1)を算定するとともに、年内にはPFI法に基づく「特定事業の選定」(※2)を行い、平成29年度に客船ターミナル整備に係る事業者公募を実施する予定です。

2.     公募により、優秀な提案を行った事業者を優先交渉権者とし、契約交渉を行った後、PFI事業の契約を締結します。

3.     PFI事業の契約締結後、事業者には客船ターミナルの整備を行っていただき、完成後、30年間の維持管理を行っていただく予定です。

※1 VFMとは、公共が整備する従来の方式と比べてPFI方式が総事業費をどれだけ削減できるかを示した割合のことです。
※2 特定事業の選定とは、実施方針を定めた事業についてPFI事業として実施することを本市が最終決定する、PFI法上の手続きです。

実施方針(案)等(平成28年8月23日)

関連リンク

アドバイザリー業務の契約締結を行いました(更新日:平成28年5月27日)

 平成28年5月9日、「天保山客船ターミナル整備アドバイザリー業務委託」契約を締結しました。

 今後、PFI法に基づく手続きに着手し、実施方針の公表を行います。

PFI手法による天保山客船ターミナル整備・運営の手続に着手します(更新日:平成28年4月8日)

 本市では、天保山客船ターミナルの整備にあたり、公共の負担を軽減すべく、民間活力の導入の可能性を探るため、平成27年度に「天保山客船ターミナル整備・運営に係る民間需要調査」を実施しました。

 その結果、宿泊施設や温浴施設を客船ターミナルに併設するもの、10年から15年程度の短期間に対応した簡易な構造の客船ターミナルを整備するものといったPFI手法による実現可能性を確認しましたので、本市としてPFI手法による天保山客船ターミナル整備・運営の手続きに着手します。

 なお、客船ターミナルの立地場所においては、臨港地区の分区により、民間事業者による収益施設は制限されていることから、分区規制の見直しなど、必要となる規制緩和を検討していきます。

天保山客船ターミナル

現在の天保山客船ターミナル

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

港湾局 計画整備部 振興課 振興グループ
電話: 06-6615-7766 ファックス: 06-6615-7789
住所: 〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階