ページの先頭です

港湾施設等の維持管理

2017年7月31日

ページ番号:407296

・大阪港インフラ長寿命化計画(行動計画)

 大阪港における港湾施設及び海岸施設の多くは、高度経済成長期の1960年代から1970年代にかけて建設されており、今後、大規模改修や更新のピークを迎えることから、中長期的な維持管理・更新等、インフラ施設の戦略的な取り組みを推進していくことが求められています。

 こうした状況の中、大阪港では、平成27年12月に策定した「大阪市公共施設マネジメント基本方針」を踏まえ、港湾施設及び海岸施設のより一層の戦略的な維持管理を進めるため、大阪港埠頭株式会社、阪神国際港湾株式会社と共同で「大阪港インフラ長寿命化計画(行動計画)」を策定しました。

大阪港インフラ長寿命化計画(行動計画)土木構造物編

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 港湾局計画整備部工務課技術監理・維持管理計画グループ

住所:〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階

電話:06-6615-7806

ファックス:06-6615-7789

メール送信フォーム