ページの先頭です

特定外来生物(ヒアリ等)の大阪港独自調査の結果について

2017年12月7日

ページ番号:419098

特定外来生物(ヒアリ等)の大阪港独自調査の結果について

   特定外来生物であるヒアリにつきましては、平成29年6月に兵庫県尼崎市で確認されて以降、各地で確認が相次いでおり、大阪港でも7月に南港で確認されたところです。

 大阪港では、本市及び大阪港のコンテナ埠頭を管理・運営する阪神国際港湾株式会社、大阪港埠頭株式会社で構成する大阪港特定外来生物(ヒアリ等)対策チームを設置し、ヒアリ対策について具体的な議論を重ねてまいりました。

 その後、大阪港特定外来生物(ヒアリ等)対策チームにおいて、環境省及び国土交通省が実施した大阪港におけるヒアリ調査場所を除いた外貿埠頭の荷さばき地について、ヒアリ侵入状況をモニタリングするため、平成29年10月から11月にかけて大阪港独自調査を実施しました。

 つきましては、その調査結果について報告します。

1 調査内容

特定外来生物(ヒアリ等)の生息調査(捕獲用粘着トラップの設置)

(調査主体) 一般社団法人 大阪府ペストコントロール協会

2 調査場所

環境省及び国土交通省が実施した大阪港におけるヒアリ調査場所を除いた外貿埠頭の荷さばき地

A1、A2、C1背後、E4、E6、E7、G8、HS1、HS2、

HS3、HS4、J1、J2、J3、K1、K2、R1、R2、W1、

W3、W7、W9、W11A・B、W14・16、W18・20、W22・24・26、W32・36、

W56・58・60、W15・17・19、W51・55

L1、L2、L3、L4、L5、L6、L7

(参考)環境省及び国土交通省が実施したヒアリ調査場所

C1から4、C6から7、C8から9、C10から12、KF1・2、R3・4

 ※各位置については、添付「大阪港内図」ご参照ください。

3 調査日(トラップの設置期間)

平成29年10月27日から10月30日(計4日間)

トラップ設置数 1,483個

※一部の場所については、イベント開催中であったため、平成29年10月30日から11月2日(計4日間)設置

4 調査結果

ヒアリ・アカカミアリの確認なし

大阪港案内図(位置図)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない