ページの先頭です

国際コンテナ戦略港湾の取り組みについて

2018年4月20日

ページ番号:424408

 大阪港は、国際コンテナ戦略港湾「阪神港」として、西日本・関西圏の産業活性化に貢献するとともに、豊かで安定した市民生活を支える西日本のゲートポートを目指すため、(1)西日本から貨物を集める「集貨」、(2)産業の立地促進などにより新たな貨物を生み出す「創貨」、(3)船舶大型化に対応した施設整備などの「競争力強化」に取り組んでいます。

 具体的な取り組み内容については、以下のページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市港湾局計画整備部振興課
住所: 〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階
電話: 06-6615-7781 ファックス: 06-6615-7789

このページへの別ルート

表示