ページの先頭です

平成29年 市民の皆さんへのごあいさつ

2017年1月1日

ページ番号:386493


 あけましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたことと、心からお喜び申しあげます。

 市長就任から2度目の新年を迎え、気持ちも新たに、豊かな大阪を実現する「市民サービスの拡充」と「大阪の改革と成長」を基軸に、これまでの政策推進や市政改革での取組みをさらに発展させ、着実に市政を前へ進めてまいります。

 

 先ず、現役世代への重点投資、子育て・教育環境の充実にかかる取り組みとして、「子どもの教育・医療 無償都市大阪」を掲げ、すべての子どもが等しく教育・医療が受けられるよう取り組んでまいります。

 そのため、子どもの教育を未来への投資と捉え、国に先駆けて実施した5歳児の幼児教育の無償化を拡充し、4歳児からの幼児教育の無償化をめざすとともに、幼児教育の質の向上を図り、18歳までの医療費の無償化を実現していきます。

 また、新たに設置した待機児童解消特別チームでの検討等を踏まえ、保育を必要とする児童数を上回る保育入所枠の確保や病児・病後児保育の拡充等を推進します。

 さらに、子どもの安心・安全を確保するため、子どもの貧困に関する実態調査を踏まえた対策や、児童虐待防止体制を強化してまいります。

 

 暮らしを守る福祉等の向上にかかる取り組みとして、真に支援が必要な方にしっかりとサービスが届くよう、特別養護老人ホームの入所待機者解消や認知症高齢者の方への支援、独り暮らし高齢者支援、要援護者の見守りネットワークの強化等に取り組んでまいります。

 また、ワンストップの総合相談窓口を整備し、若者・女性の就労支援に取り組み、職場・地域で活躍する女性を支援する施策を総合的に展開するなど、若者、子育て世代、女性、高齢者、障がいを持つ方など、意欲のあるすべての人が能力を発揮できる環境を整備していきます。

 さらに、防犯カメラの設置の推進や悪質な客引き行為等への指導により、安全で安心できるまちの実現を図ります。

 

 各区の特色ある施策の展開としては、区長の責任と権限のもと、市民に最も身近な区政は、地域の実情に即した特色ある施策を展開してまいります。

 

 大阪の成長にかかる取り組みとしては、府市一体となって、大阪という都市を日本の成長をけん引する東西二極の一極として、世界で存在感を発揮し、副首都にふさわしいものとなるよう成長戦略を進めていきます。

 なかでも、うめきた2期区域のまちづくりや淀川左岸線延伸部の整備などに引き続き取り組む一方で、民間の創意工夫を活かし、統合型リゾート(IR)や万国博覧会の誘致など、国際観光拠点の形成に向けた夢洲のまちづくりを推進します。

 また、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、堤防等の耐震・液状化対策を実施するなど、防災力の向上を図ります。

 

 新たな価値を生み出す市政改革については、「市政改革プラン2.0」に基づき、安定した財政基盤の構築、業務遂行の効率化、市民サービスの向上を図るとともに、最先端ICT都市をめざし、ICTを徹底活用し、市民サービスの向上、ビジネスの活性化、行政運営の効率化に取り組みます。

 

 最後に、新たな自治の仕組みの構築に向け、市民の皆様の意見や議会の議論などを踏まえ、総合区及び特別区の両方の制度案についてベストな案を作成し、最終的に市民の皆様に判断していただきたいと考えています。

 

 これからも、市民の皆様との対話を重視して、市政運営に全力で取り組んでまいりますので、ご理解・ご協力をぜひよろしくお願いいたします。

 

大阪市長 吉村洋文

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室市民情報部広報担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7251

ファックス:06-6227-9090

メール送信フォーム