ページの先頭です

子どもの教育・医療 無償化へ

2017年1月23日

ページ番号:388123

5歳児にかかる幼児教育の無償化を実施しています

幼児期は、生涯にわたり自己実現をめざし、社会の一員として生きていくための道徳心・社会性、知性や体力の基礎を培う重要な時期であり、この時期にこそすべてのこどもたちが家庭の経済状況にかかわらず、質の高い幼児教育を受けることが必要であるため、こどもの幼児教育の無償化の実現に向け、平成28年度から5歳児にかかる幼児教育の無償化を実施しています。

こども医療費助成の対象者を拡充しました

平成27年11月診療分から、所得制限額を児童手当と同額まで緩和するとともに、12歳(小学校修了)までの所得制限をなくしました。

また、対象者の拡充にあわせて、入院時の食事療養にかかる自己負担(標準負担額)に対する助成を、平成27年10月診療分をもって廃止しました。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。